アンデッドアンラック

アンデッドアンラック(アンデラ)ネタバレ感想【32話】ビリーは不可信

この記事は【アンデッドアンラック】32話のネタバレを書いています!

2020年9月19日(土)発売の週刊少年ジャンプ42号で、アンデラの32話が掲載されました!

前話では展開がスゴすぎて、ネットでもかなり話題になっていましたね!

  • 100個目の罰はUMAレボリューション
  • 公転が存在しないのでアンデラの世界は常に満月だった
  • ビリーは裏切り者でアンダーのリーダー?

などなど、謎が解決してはまた新たな謎が追加され、読者の興味を惹き付けてくれます!

アンダーがどんな計画で神を殺そうとしているのかが気になりますね!

32話も見どころが満載です。

というわけで、アンデラ32話のネタバレをぜひ最後まで読んでいって下さい!

 

前話を見る← →次話を見る

アンデッドアンラックのネタバレ32話:前回のあらすじ

2020年12月1日、ユニオンメンバー11人は円卓に座り、アポカリプスによって、新たなクエストがオープン!

今回のクエストは4つ…

  • UMAスプリンングの討伐、報酬 古代遺物 イージスの所在
  • UMAサマーの討伐、報酬 不変の否定者の所在
  • UMAオータムの捕獲、報酬 UMAゴーストの追加
  • UMAウィンターの討伐、報酬 古代遺物リメンバーの所在

全てのクエストをこなせぬ場合、罰としてUMA公転(レボリューション)が追加されることになります。

これまでアンデラの世界では月がずっと満月でした。

公転が存在しないのでは?という説が出ていましたが、その通りの展開となりました。

公転とは

公転はある天体がほかの天体を回ることです。

地球は太陽の周りを回っています。

月は地球の周りを回っています。

このため、地球と月の位置関係によって、満月になったり、半月、新月といった事が起こります。

この公転がないということは、月や地球は太陽に対して常に同じ位置であったため、常に満月だったということですね!

 

ちなみにUMAレボリューションの描写では、太陽に吸い込まれるような軌道も描かれています。

これは、地球が太陽に吸い込まれるということなのでしょうか。

そして、風子が古代遺物の映像で見た「人々が太陽に焼かれる出来事」に繋がるのでしょうか。

まだまだ伏線だらけですね。

 

 

また、今回の討伐・捕獲対象のUMAは全て四季に関係しています。

四季のUMAがいるということはアンデラの世界に四季はあるということがわかりました。

その中で、UMAオークタム(秋)だけ捕獲がミッションで討伐ではありません。

アンデラ内の世界では「10月が存在しないのでは?」との予想もありますので、何か関係しているのかもしれませんね。

「10月がない説」については以下の記事で詳しく解説しています。面白いので是非ご覧ください。

 

 

そして、何と言っても一番の驚きは、ビリーが裏切り者でアンダーだったということです。

  • なぜこのタイミングで本性を現したのか?
  • なぜこのタイミングで円卓を奪ったのか?

ここからは32話の予想をしていきたいと思います。

アンデッドアンラックのネタバレ予想32話

※アンデラ32話の公開前に書いた予想になります。

前話ではビリーが本性を現しましたが疑問点が多数あります!

中でも

  • なぜこのタイミングで円卓を奪ったのか
  • ビリーの能力

が気になります。

なぜこのタイミングで円卓を奪ったのか

今回のクエストが全員参加ということはリップたちがUMAを討伐してもOKと言うことですね。

ビリーはアンダーの他のメンバーと協力し、どんな武力を使ってでも今回のクエストを成功させたい?

仮に今回のクエストを成功させ、UMAを討伐した場合、春、夏、冬の季節がなくなるということですよね。

  • 季節を秋だけにすることで何が起こるのか?
  • UMAオークタム捕獲の報酬であるUMAゴーストとは?
  • なぜこのタイミングで円卓を奪ったのか?

 

いずれにしても、ビリーは全員参加のクエストがあることを事前に知っていたようです。

また、ジュイスとの会話からもわかる通り、ビリーはこの世界を何度か生きている人物と思われます。

ちなみにリップに関しても「俺たちは次へ行ける」と言っていました。

ビリーがこの世界の仕組み的なことをアンダーのメンバーに情報共有しているのでしょうか。

ビリーは神を殺す方法を計画できているのでしょうね。

 

矛盾点としてはリップが神を殺すことに対して「無理だろ?あんなもん」と言っていたのに、ビリーは「神を殺すのは俺だ」と言っています。

もしかするとユニオンが考えている神と、アンダーが殺そうとしている神は異なるのでしょうか。

たまたまとは思えないセリフの矛盾です。

 

ビリーの能力

ビリーについてわかっていることは「盲目である」と「銃は否定能力ではない」ということくらいで否定能力は明らかになっていませんでした。

そして今回、ビリーは「コピー能力」かもしれないという説が浮上しています。

  • 折れた首が元に戻る → アンディの不死
  • 瞬時に移動した後、右足が折れている → トップの否定能力

トップの能力はまだわかっていませんが、おそらく「停止できない」という能力だと思われます。

トップはよく腕を骨折しているシーンがあり、停止した衝撃で骨折していると推測できます。

 

今回、ビリーはトップに顔面を蹴られて首が折れました。

しかし次の瞬間、首は治っておいて瞬時に移動。

そのときに右足が折れています。

明らかにトップの能力でしょう!

そして次のコマでは再生能力で足が元に戻っている?

 

このようにビリーの能力がコピー能力だと考えた場合、コピーの条件は何?

もしかすると相手の攻撃を受けることかもしれませんね。

となると、不死に関してはこれまでアンディの攻撃を受けたシーンはありませんでした。

予想ですが、ビリーもループ経験者のようなので過去にヴィクトルと会ったことがあり、攻撃を受けていたのかもしれません。

つまり、ビリーは登場したときから既に”不死”の能力があった。

なので、トップに蹴られて首が折れても再生したのではないでしょうか!

32話で真相が明らかになるのでしょうか!?楽しみです!

アンデッドアンラック(アンデラ)ネタバレ感想32話:アンビリーバブル

アンデッドアンラック32話のネタバレ確定内容です。

タイトルは「UNBELIEVABLE(アンビリーバブル)」です。

風子はアンディに問います。

「な…どういう事!?ビリーさんが裏切ったって事?」

「らしいな」と返すアンディ。

すると

「やー久しぶりー」との声が聞こえてきます。

バーンの頭の上を見るとリップとラトラがいました!

その状況を見たアンディは「確定だな。奴らと一緒にいるってことは。ビリーはアンダーの…」

「違う!あの人はビリー様じゃない。アンタは何もわかっていない!」と必死にビリーをかばうタチアナ。

「さっきあの人はトップに首を折られたのに再生した!!ビリー様の能力はそういうのじゃないもの!!ビリー様の能力は不可信(アンビリーバブル)!銃限定で対象に当たるわけがない方向に撃つと、跳弾とかを経て確実に当たっちゃう必中能力!!本当よ!ビリー様が私だけに教えてくれたの!」

ビリーの能力は不可信だったんですね!銃は否定能力ではないと思っていましたが、銃も否定能力だったみたいです。

タチアナにだけ明かしていたようですが…まだ本当かどうかわかりませんよね!

その隣でバーンを見てガクガク震えながらビビっているチカラがいます。

チカラはUMAを見るのが初めてなので急にバケモノを見てビビッている様子。

それを見たリップは「ハハ 不動のビビリはあいかわらずか!」

さらにリップは続けます。「ラッキーだね。あいつに前回やられてさー。バーンを連れてきて正解だったね。ボス

その言葉を聞いたタチアナはビリーが味方ではないと理解せざるを得ませんでした。「ボス・・・?」

 

「だから言ったろ!どう見ても・・・裏切りもんだろうが!!」と攻撃を仕掛けるトップ!

しかしビリーも同じように高速で動いてトップの攻撃を避け、逆にトップへ蹴りの攻撃を当てます!

「不停止(アンストッパブル)か・・・いい能力だ。だが停止条件が難儀だな。体の形状が著しく変化しないと止まる事が許されない…だったか」

予想通りトップの能力は不停止でした。停止条件についても予想通りでしたね!

トップはよく腕を骨折していたので戦闘における代償だったようです。

トップの能力は以下の記事で考察していますので参考にしてください。

 

トップと同じ能力が使えるようになっているビリー。

ビリーも停止の条件で右足が折れています。

やはりビリーは不可信だけではなく何かコピー的な事をしている模様。

「だがまぁ…今の俺には、さしたるデメリットではないな。感謝するよ。不死(アンデッド)」

と言いながら右足が再生していきます。

 

次の瞬間、アンディ・ジュイス・シェンがビリーに攻撃を仕掛けようとします。

しかし3人とも何故か動きを制限されてしまいます。

そしてビリーは言います。

「否定能力の妙だな。対象者(ヒト)の心が見える。

一人は護る事が
一人は生きて指揮をとることが
一人はより強い敵と闘い強くなることが

正義であり、それを否定している…か。

対人には有効だな。使い勝手がいい。」

「私の不正義…!?なぜ使える…」と状況の理解に苦しむジュイス。

「ありがたく頂こう。円卓と共にな。」

やはりビリーは相手の能力をコピーしています。

ジュイスの不正義を使う事で

  • アンディは風子に部位弾の指を向け
  • ジュイスは刀で自分の首を傷つけ
  • シェンは如意棒が伸ばせず元に戻ってしまいます。

ですが、シェンの不真実は使えないようです。

「…この人ボクの事好きじゃないんだな。ボクも好きじゃないけど」と思いながら状況を冷静に理解しているシェンでした。

ビリーが相手の能力をコピーしている事にシェンは気付いているようですね。

シェンの能力は「不真実」です。

シェンが対象を見ることにより、相手のとろうとした行動の”真逆の行動”をとらせる能力。

つまり、動こうとしたら停止させられてしまうので、この能力をくらったら厄介ですよね。

ですが、発動条件の一つに「シェンの好きな相手にのみ有効」というのがあるので、好感度がない相手にか効かないんです。

前話では、この発動条件を回避するためのビリーの卓越した戦略的思考が賢すぎます!

詳しくは前話の記事で考察していますので読んでみてください。

 

少し脱線しましたが、ネタバレの続きに戻ります。

3人の動きを制限したビリーは「払えバーン」と命令します。

3人を手で払ったバーンは、次にタチアナに手を差し伸べます。

「タチアナ…おいで。お前の能力が必要だ。救ってやった恩義を返せ。普通の身体に戻りたいのだろう?」とタチアナではなくタチアナの能力を誘うビリー。

そこへ風子が銃弾を撃ち込みます。

銃弾はビリーの顔に当たりますが、再生能力ですぐに再生が行われます。

風子が銃を撃ったのはとても切ない想いからです。

「私にはわかる。一度自分の事なんてどうでもいいと思った人間が誰かに救われた時…その人が自分にとってどれだけの存在になるか。
でも私にはわからない…その人に裏切られる事がどれだけ悲しいか…」

 

「そうか来ないか…なら、お前も敵だな。不可触。いくぞバーン」と言ってこの場を去ろうとするビリーたち。

ジュイスは焦ります。「天井を溶かして逃げる気だぞ…!逃がしてはならない!!円卓を奪われれば神に抗う術を失う!!どんな手を使おうとも取り戻さねば…ここまで来たんだ…!!ここで決めねば…後が無いんだ!!」

それを見て、何か重要な事をジュイスが隠しているのではないかとわかってきたアンディ。「ききてー事は山程あるが…了解だ。ただし忘れんなよ。どんな手を使ってもいいんだよな。久しぶりに派手なの頼むぜ風向!!」

「了解!!」

32話はここまでです。

前話から続いて迫力ある展開でしたね!ポイントをまとめておきます!

32話のポイント
  • ビリーがアンダーのボスだった
  • ビリーの能力は不可信だか、コピー的な事も行っている
  • トップの能力は不停止
  • ジュイスはクエストや神に関して重要な事を隠している

アンデッドアンラック(アンデラ)ネタバレ感想32話まとめ

アンデラの32話について見てきました。

ビリーがアンダーのボスで、相手の能力をコピーをしているのは予想通りでしたね。

ですが何故コピーできるのかは判明していません!相手の能力をコピーできるなんて最強ですよね!

そして毎回毎回、次話が気になって仕方ありません。

 

アンデラは「次にくるマンガ大賞1位」を獲得した新しいタイプの漫画です。

  • 展開が超早い!
  • バトルも迫力がある一方でラブコメを面白い!
  • 謎が多くて読者の話題を集める!

まだ32話なのにクラマックスのような面白さ。

最終的にはとんでもない面白さになりそうです!

→次話のネタバレを見る

 

アンデッドアンラックに登場する否定者とその能力をまとめていますので、こちらもご覧ください

アンデッドアンラックの否定者キャラクターを紹介!アンデットアンラック(アンデラ)に出てくる能力者は「否定者」と呼ばれていて「この世の理(ルール)を‘‘否定‘‘する者」たちですよね。 ...

アンデッドアンラックの伏線や考察をまとめていますので、アンデラを深く読み解きたい方は是非ご覧ください。

アンデッドアンラック(アンデラ)の考察まとめ!伏線も徹底解説!アンデッドアンラックは伏線がとても多い漫画です。 読み返してみると「そういう事だったのか!」という事や コマの絵をよく見てみ...