アンデッドアンラック

アンデッドアンラック(アンデラ)の考察まとめ!伏線も徹底解説!

アンデッドアンラックは伏線がとても多い漫画です。

読み返してみると「そういう事だったのか!」という事や

コマの絵をよく見てみると「コレってあの時のアレやん!」というのが描かれています。

というわけで、アンデラをもっと楽しむために伏線と考察をまとめました!

アンデッドアンラック(アンデラ)の伏線と考察

神サマの正体

風子がリップから渡された古代遺物を触った際に、神サマのような映像が頭を流れます。

太陽を背に神が立っていて、人や街が焼き尽くされている映像です。

出典:アンデッドアンラックNo.029

これは本当に神サマで、世界を滅ぼすというラグナロクの事なのでしょうか。

ツイッターでの考察が面白いですね!

 

以下の記事で詳しい考察を載せていますので参考にしてください。

 

古代遺物の名称

アンデラには古代遺物(アーティファクト)が出てきますが、これが何なのか詳しく明かされていません。

古代遺物に触れると映像が頭に流れ込んできて、その映像は古代遺物によって異なるということのみ。

しかし、古代遺物は物語の展開に大きく関わってくるであろうと予想されています。

古代遺物の名称が、すごく伏線っぽいんですよね!

こちらは8月上旬のクエストです。

クエスト 報酬 参加者
UMAバーンの捕獲 11人目の席の追加 ジュイス・タチアナ・ビリー
一心・フィル・トップ
UMAイートの捕獲 不燃の所在 ジュイス・タチアナ・ビリー
フィル・トップ
UMAランゲージの討伐 全世界言語統一 ニコ
不可視の捕獲 UMAコールの所在 不明
UMAパストの捕獲 古代遺物リベリオンの所在 ジュイス・ニコ・フィル
UMAスポイルの捕獲 不治の所在 アンディ・風子・シェン

これらのクエストでは「不可視の捕獲」以外は成功。

得られた報酬のうち、リベリオンと不燃はまだ登場していません。

古代遺物リベリオンって何?

リベリオンを調べると「反乱」という意味です。

これは、ビリーが裏切ったことやアンダーが現れたことに何か関係があるのでしょうか?

リベリオンの所在は地図から推測するにエジプトだと思われます。

アンディが不治を倒した後、シェンとムイちゃんが向かっていたのがエジプトでしたね。

これはリベリオンを探しに行っていると考えられます。

その際に否定者狩りのクリードたちと戦っていますし、リベリオンが見つかったのか、もし見つかったとすれば誰の手に渡ったのか明らかになっていません。

 

 

次に12月1日に発表されたクエストです。

こちらのクエストは地球に生きる者すべてが参加できる「全員参加」です。

クエスト 報酬
UMAスプリングの討伐 古代遺物イージスの所在
UMAサマーの討伐 不変の所在
UMAオークタムの捕獲 UMAゴーストの追加
UMAウィンターの討伐 古代遺物リメンバーの所在
古代遺物イージス

イージスを調べると、ギリシア神話において女神アテナが用いる防具と出てきます。

盾のようなイメージでしょうか。

古代遺物リメンバー

「思い出す」という意味。

アンデラの世界は、ラグナロクで滅んでもまた繰り返されていると思われます。(ループしている)

その際に記憶を引き継げる古代遺物なのでしょうか。

ループを経験していると思われるキャラは今のところ

  • ヴィクトル
  • ジュイス
  • ビリー

です。

古代遺物については全く謎ですが、物語にはかなり大きく関わっていると思います。

 

 

月の描写が多い

出典:アンデッドアンラックNo.030

アンデッドアンラックでは、やたらと満月が描かれています。

  • ジーナとの戦闘、多くのコマ中に満月がある
  • リップとの戦闘も夜なので満月が描かれている
  • チカラがユニオンに入ると決めて、窓から飛び降りる際の背景にも月

また、アンディの必殺技名に

  • 再生抜刀 紅三日月(リペアブースト あかみかづき)
  • 血廻 紅盈月(けっかい あかえいげつ)

など、「月」が使われています。

さらに、風子の『不運』の運も言い換えればツキとも言える。

描き方が意図的に見えるので、これは何かの大きな伏線なのでしょうか。

 

追記

31話において月の謎が判明しました!

アンデラの世界には「公転」がなかったことが原因だったようです!

公転とは

公転はある天体がほかの天体を回ることです。

地球は太陽の周りを回っています。

月は地球の周りを回っています。

このため、地球と月の位置関係によって、満月になったり、半月、新月といった事が起こります。

この公転がないということは、月や地球は太陽に対して常に同じ位置であったため、常に満月だったということですね!

詳しくは31話のネタバレをご覧ください

ちなみに以下のコマはUMA銀河が追加された後のコマですが、太陽系が描かれていて、太陽・地球・月が一直線になっています。

出典:アンデッドアンラックNo.021

この位置関係は満月を意味します。

細かい描写がすこいですね!

 

ただし、公転が存在しないということは三日月も存在しないということです。

アンディの必殺技名に「三日月」が入っているのが気になります。

ヴィクトルはループ経験者なので公転がある世界をすでに生きたことがあるからでしょうか。

解決したと思ったのに全部は解決できませんでした。

 

日付が合わない

第30話において、アンディは

「課題(クエスト)の進行が通常通りで、負け続けた場合、4月・・・

次の罰(ペナルティ)で世界が滅ぶなら・・・1月で終わりだ」

と言っていたが、これまでの話を振りかえると日付のつじつまが合わない。

出典:アンデッドアンラックNo.030

 

出典:アンデッドアンラックNo.030

こちらの考察は長くなりますので、以下の記事で詳細をご覧ください。

 

理・UMA・器

アンデラには、

  • 理(ルール)
  • UMA
  • 器(否定者の事?)

が出てきますが、これらは何かしら繋がっている気がします。

 

UMAスポイルというのが出てきましたが、UMAスポイルが生まれたことによって、この世界には「腐る」という理(ルール)ができたと言っています。

また、UMAギャラクシーの出現によって、宇宙に「銀河」という概念が生まれました。

つまり、UMA=理ということでしょうか。

 

そのほかUMAに関して、UMAバーンはジュイスたちが捕獲しました。

そして気になるのが、否定者の中に「不燃(アンバーン)」がいる事です。

“バーン”が同じですよね。

また、空間を移動させてくれる「ムーブ」という怪物。外見から判断するにUMAっぽいですよね。

出典:アンデッドアンラックNo.020

スポイルが出てきた時の姿と似ています。

出典:アンデッドアンラックNo.012

そして、否定者の中には「不動(アンムーブ)」がいます。

“ムーブ”が同じですよね。

絶対に何か意味があると思います。

 

スポイルが言っている

『我等(ルール)の… 器ごときが…』

というセリフに答えが隠されている気がします。

また、リップも「俺たちが器として生きているから廻っている世界だ」と言っています。

 

 

ジュイスが言うように、これまでこの世界に追加れた理は98個です。

性別、言語、人種、死、病気など

そして銀河が99個目でしたね。

もしかすると、これらのルールを否定できるのが器で、同じ数だけ否定者がいるのかもしれませんね。

 

リップの右目

リップの右目から血が流れていて、いつも舌でペロペロしている。

リップは「不治」なので、能力が移ったときに何かあったのでしょうか?

もしかすると、今後リップの過去の回想シーンが描かれて、右目の秘密が明らかになるかもしれませんね。

 

アンディの胸の傷と1865

アンディの左胸には弾痕のような傷跡と1865の数字が刻まれています。

第1話で、アンディの過去の記憶が描かれているシーンがありますが、アンディが誰かをかばって胸を撃たれているように見えます。

出典:アンデッドアンラックNo.001

このときアンディは既に不死だったのでしょうか。

これは1865年の出来事だったのでしょうか。

1865年はリンカーン大統領暗殺の年ですが、何か関係があるのでしょうか。

アンディは再生できるのに、なぜ再生しても胸の傷跡は残っているのでしょうか。

色々とネタが仕込まれていそうですね。

 

ヴィクトルは何者なのか

出典:アンデッドアンラックNo.017

ヴィクトルはジュイスの事をなぜか知っている様子。

ユニオンメンバーとは面識がないのに、なぜジュイスの事だけ知っているのか。

また、現ユニオンメンバーの事は知らないが、ユニオンという組織の事は知っている口ぶりです。

アンディが過去にユニオンと接触したのは50年前に体をいじられたときですが、仮にそのときにヴィクトルに変身することがあったと考えたとしても、ジュイスが50年前にユニオンにいたのかどうかも不明です。

 

さらに、ヴィクトルのセリフは謎だらけです。

  • ヴィクトル「今、何年の何月だ?」
  • シェン「2020年8月の…」
  • ヴィクトル「何曜だ?」
  • シェン「ナンヨウ?何の話です?」
  • ヴィクトル「・・・成程。少しはマシなのが、そろったようだな」

このセリフから曜日が存在する世界と存在しない世界があるようです。

また、昔のユニオンも知っていて、今のメンバーの方が強いと判断したようです。

そしてシェンとの戦闘中に

「誰に聞いたか知らんが、俺は人質だ。神じゃない。」

と言っています。

ヴィクトルは俺が元だと言っていますが、元が閉じ込められてしまっているようですね。

「一度の生で・・・大したもんだ」

つまり、ヴィクトルは神に破壊される前の世界も生きている?

さらに

「不変は惜しかったが、成程…いい面子だ」

このセリフからも昔のユニオンを知っていて、今のメンバーの方が強いと判断したようです。

出典:アンデッドアンラックNo.017

と言うか、なぜ不変が死んだことを知っているのでしょうか!?

閉じ込められているけどアンディの視界を通して見えているのでしょうか。

以下のセリフからも出来事を把握している事がわかります。

何故庇う!!バーンを倒し席は一つ増えた!

不運が死ねば2席空く!より強い否定者を俺が見繕って…

 

ヴィクトルのセリフは伏線だらけです。

とても大きな伏線が仕掛けられている予感がしますね。

 

少女漫画「君に伝われ」の作者

風子が読んでいる少女漫画の「君に伝われ」の作者名が『安野雲』となっていて、アンノウンと読める。

以下は第1話のシーン。

出典:アンデッドアンラックNo.001

第19話の風子が病室で寝ているシーンではハッキリと作者名がわかります。

出典:アンデッドアンラックNo.019

アンノウンなので、否定者と何か関係がある伏線なのでしょうか!?

だとしたら凄いですね!

アンデッドアンラック(アンデラ)の考察:1コマの情報量が凄い

リップが風子に渡した銃

出典:アンデッドアンラックNo.029

リップが風子にプレゼントした銃は、リップが競売客船で盗ったやつです!

出典:アンデッドアンラックNo.026

皆に配ると言っているので、これもそうだと思う。

出典:アンデッドアンラックNo.029
  • ファンが背中に背負っている武器
  • まだ明かされていない否定者狩りメンバーが持っている扇子

 

でも、リップってアンディとの戦闘中に上着脱がなかったっけ?盗った道具はどうなったの?って思ったのですが、以下のコマを見るとしっかり持っていました!

出典:アンデッドアンラックNo.028

 

一心の能力は不壊

まだ能力が明らかにされていない一心ですが、「不壊(アンブレイカブル)」で間違いないでしょう。

第4話でアンディは、自分の使っている「壊れない刀」はユニオンの不壊が製作したモノ。それをパクったと言っています。

出典:アンデッドアンラックNo.010

第10話でトップの左足付近に「不壊」っぽい文字が書いてあります。

コミックス第3巻の途中で武器の解説があり、

アンディの刀
  • 倶利伽羅(カラクリ)
  • 一心が打った刀。故に壊れない。と書いてあります。
シェンの如意棒
  • 如意金庫(にょいきんこ)
  • アーティファクトだが、両端の金がたは一心が作ったもので、その部分は不壊(ふえ)とのこと。

もう「不壊」って言ってしまっているので決定ですね!

 

トップの能力は不停止?

トップの細かい描写を見ていきましょう。

よく見てみるとトップは登場したときから腕を骨折していることが多々あります。

出典:アンデッドアンラックNo.009

 

出典:アンデッドアンラックNo.021

そしてヴィクトルとの戦闘時においても、高速で走り回った後に急に腕が折れているコマがあります。

出典:アンデッドアンラックNo.019

この事から、トップは「停止できない」否定者で、高速で動いたときに停止する代償として腕が折れてしまっているのではないでしょうか。

ポケットに手を入れる理由についても気になりますね!

追記

32話においてトップの能力が「不停止」であることがわかりました!

腕が折れていることに関しても停止条件でしたね!

ポケットに手を入れる理由についてはまだ回収されていません。

アンデッドアンラック(アンデラ)の考察:時系列

1970年 アンディがユニオンに捕まる

1980年 アンディが逃走

 

2020年

8月1日  アンデラのスタート

8月2日  シェン&ボイドとの戦い

8月5日  バイカル湖にてジーナとの戦い

クエスト発表

8月31日  クエスト結果

9月1日  UMAギャラクシー追加

リオデジャネイロ港にてリップとの戦い

9月16日 チカラが11人目としてユニオンに加入

風子とチカラは戦闘力を高めるため、特殊訓練を希望し、プログラムを実行

12月1日 クエスト発表

アンデッドアンラック(アンデラ)の伏線と考察まとめ

考察ポイントが盛沢山のアンデラ!

伏線がいっぱい用意されていることで、バトル・ラブコメに加え、読者が楽しめるポイントになっていますね!

今後もまだまだ伏線が出てくると思いますので、追記していきます!