アイススケート

ひらパーでスケートと雪遊び!服装・持ち物・レンタルできるものは?

ひらかたパークでは毎年12月から2月末までの間、スケートエリアや雪遊びできるエリアが
登場します!

デートで行くのはもちろんのこと、家族や友達と言っても楽しめる大人気のスポットです。

ですが普段スケートにあまり行くことがない人は、どんな服装や持ち物で行ったらいいのか迷って今いますよね。

この記事では、ひらパーのスケートや雪遊びをするときの「服装」や「持っていくと便利なもの」を紹介します。

スポンサードリンク

ひらパーでスケートと雪遊び!どんな服装がいいの?

ひらかたパークのウィンターカーニバルでは、「スケートエリア」と「スノーエリア(雪遊び)」が隣同士となっています。

特に家族連れであれば、両方で遊ぶことになると思いますので、楽しく遊べるように服装は準備をしっかりして行きたいところ。

スケートと雪遊びの両方を想定して、服装を準備しましょう。

大人の服装

  • ニット帽
  • アウター
  • 長ズボン
  • 手袋
  • レインシューズ

スケートをする場合は、人とぶつかったり転んだりする危険性があります。

ニット帽をかぶることで防寒かつ頭を保護できます。

また、ズボンはケガ防止のために肘や膝が隠れるものを選びましょう。

雪遊びの際は、ズボンの上にレインズボンを着用すれば防水対策はバッチリ。(レインズボンは100均で購入)

手袋は、スケートの際も雪遊びの際も必要になります。

スケートリンク内では安全のために指先まで隠れる手袋の着用が必須となっています。

手袋を忘れた場合はエリア内のショップにて数百円で販売していますが、ムダな出費を抑えるためにも持参していきましょう。

スケートの際は、毛糸の手袋でも大丈夫ですが、雪遊びの際は防水で厚手の手袋がオススメです。

シューズに関して、スケートエリアではスケート靴に履き替えますが、スノーエリアでは自分の靴で雪遊びをすることになります。

水分が浸透してくる靴では、靴下が濡れてしまったり足先が冷えてしまいますので、水を通さないレインブーツなどを持って行くのが良いでしょう。

また、靴底が滑りやすいシューズは避けるようにしましょう。

子供の服装

  • ヘルメット
  • ニット帽
  • アウター(スキーウエアでもOK)
  • 長ズボン(スキーウエアでもOK)
  • 手袋
  • レインシューズ

スケートの際、安全を考えて子供にはヘルメットを着用させるように言われます。

ヘルメットは無料でレンタルが可能で、数にも余裕があるようですが、混雑時に行かれる場合はレンタルヘルメットが足りないという事態が起こるかもしれません。

心配な方はヘルメットを持参してください。

ニット帽は、雪遊びの際に耳や頭が冷たくなるので必要です。

手袋も大人と同様でスケート時は必ず着用してください。

アウターやズボンに関しては、子供は大人よりも激しく遊ぶので、スキーウエアでもOK。

靴は大人と同様で、水の浸透を防ぐためレインシューズ(長靴)を持っていきましょう。

ひらパーでスケートと雪遊び!あれば便利な持ち物は?

服装がイメージできたところで、次は、あれば便利な持ち物を紹介します。

  • 替えの靴下
  • 長い靴下
  • 着替え
  • タオル
  • おもちゃ(バケツやスコップなど砂遊び用のもの)
  • ヘルメット
  • 膝・肘あて
  • おやつ
  • 温かい飲み物

子供は特に予備の靴下が必須です。

レインシューズを履いていても、隙間から雪が入ることがありますので、靴の中がベタベタになってしまいます。

帰り道、濡れて冷たい靴下は気持ち悪いので、替えを持っていきましょう。

数セット持っていき、寒いときは重ね履きすると防寒対策もできます。

うめぽん
うめぽん
それと、スケートの際は長い靴下を履くようにしましょう!
短い靴下だとスケート靴の内側と肌が接触するので、痛くなることが多いからです。

また、子供を連れて行く場合、雪遊びできる道具を100均で買っていくと、より楽しむことができます。(バケツやスコップなど砂遊び用のもので大丈夫)

子供がスケートをする際は、膝・肘あてがあると転んだときのケガ帽子に役立ちます。

遊びの途中で少し休憩したいときは、近くにベンチがあるので、おやつを食べたり温かい飲み物を飲みながら休憩しましょう。

水筒に温かい飲み物を入れておけば、いつでも冷めることなく飲むことができます。

ひらパーでスケートと雪遊び!レンタルできるものは?

服装と持ち物を紹介しましたが、「バタバタしていて、当日までに準備がしっかりできなかった!」という方もいると思いますので、当日にその場でレンタルできたり購入できるものも紹介しておきます。

【レンタルできるもの】

  • スケート靴
  • ヘルメット
  • ソリ

スケート靴は700円でレンタルできます。

スケート靴のサイズは

  • スケート靴:15cm~30cm(0.5cm刻みでサイズあり)
  • 二枚刃スケート靴:15~18cm(1cm刻みでサイズあり)

です。

二枚刃タイプのスケート靴は、安定性が高いので子供が使うのにおすすめです(^^♪

また、ヘルメットや雪遊びで使えるソリは無料でレンタルできます。

ですが、ソリの数は少なく、取り揃えられているという感じではありません。

ソリなどの遊ぶ道具は持って入ることができますので、荷物になるかもしれませんが、持参するものアリかと思います。

膝・肘あてのレンタルはありませんので、子供用として使いたい場合は、持参するようにしましょう。

【売っているもの】

  • 手袋
  • 雪遊びのおもちゃ
  • 温かい飲み物

手袋はエリア内の売店にて300円から販売されています。

雪遊びで遊ぶおもちゃも販売されていますが、けっこう値段が高いので、できれば事前に100均で買っておいた方がベターです。

フード&ドリンクコーナーでは、温かい飲み物や軽食が購入できます。

たくさん遊んでお腹がすいたときは『あったかルーム』で暖まりながら食事をしましょう。

スケートエリアにコインロッカーはあるの?

ウィンターカーニバルのエリア内には、コインロッカーが設置されています。

『400円で使用でき、何度でも開閉可能、返却時に100円戻ってくる』というタイプが一番多いです。

万全な準備をして荷物が多くなっても大丈夫!

ロッカーの数はたくさんありますので、荷物を入れておきましょう。

雪遊びをした後に、ひらかたパークの遊園地で遊んで帰ろうと思っている方は、濡れてしまうとテンションが下がってしまいますので、着替えを持っていくことをおすすめします。

スポンサードリンク

ひらパーでスケートと雪遊び!服装や持ち物まとめ

いかがでしたか?

ひらパーのウィンターカーニバルについて、混雑する時期を避けたい!という方は、以下の記事もチェックしてみてください(^^)

ひらパーのスケートエリアが混雑するのはいつ?料金や割引についても紹介!冬の遊びとして楽しめるのがアイススケート! 家族で遊んだり、デートをしても楽しいですよね! ひらかたパークでは、冬の時期限定...