NiziU

NiziUリクのメイク方法!ピンクファンデーションや涙袋で可愛らしさアップ!

NiziUリクさんはメンバーの中でも小柄で小動物のような可愛らしさが魅力的ですよね。

メイク自体はとてもナチュラルですが、顔のパーツを活かしたメイクがリクさんの元気いっぱいな雰囲気を引き出しています。

今回はリクさんのメイクのポイントをおさえながらメイク方法について解説しています。

リクさんのような奥二重に似合うメイク法や涙袋のつくり方などご紹介していますので、是非最後までご覧ください!

スポンサードリンク

【NiziUリク】メイクのポイントは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡(@niziu_fan0o0)がシェアした投稿


リクさんのような小動物のような愛らしさを表現するメイクのポイントは、次の5つです。

  1. ピンクカラーのファンデでツヤ&美肌に
  2. オレンジシャドウで目元を強調
  3. 下ライン&涙袋メイクで目元を立体的に
  4. コーラルピーチのチークで可愛らしさを
  5. ピンクリップでグラデーションを
たまき
たまき
立体感を出すメイクがポイントなんですね♪詳しく見ていきましょう!

【NiziUリク】メイク①ピンクカラーのファンデでツヤ&美肌に

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡(@niziu_fan0o0)がシェアした投稿 – 2020年 9月月9日午後8時11分PDT

リクさんはとても美白で肌がきれいだとファンの間でも話題です。

リクさんのような肌を目指すなら、ピンクカラーのファンデーションを使うといいでしょう。

ピンクカラーのファンデーションは肌の黄みをおさえて鮮やかで華やかにみせてくれます。

その他にも

  • 肌に血色を与えてくれてあたたかみのある肌色にしてくれる
  • クマやくすみなどを解消してくれる
  • 肌トーンが明るくなることで美肌効果がある

などの嬉しい効果が沢山あります。

いつもベージュ系を使っているけどなんだか顔色がパッとしないという人はピンクカラーのファンデーションを使う価値ありです。

美容専門家keiさん
美容専門家keiさん
特に秋~冬にかけて洋服もダークカラーが多くなりがちなので、ピンクファンデーションで顔色を明るく見せるのがおススメです♪

ピンクファンデーションは本来の肌よりも明るく仕上がるので、色ムラができないように丁寧に塗ってあげるのがポイントです。

指の腹やスポンジで均一に広げ、顔と首の境界線がなくなるように顔の延長で首にも塗っていきましょう。

リキッドやパウダータイプでうまくできる自信がない…という人にはクッションファンデーションがおススメです。

ムラになりにくく何より手軽にベースメイクが完成するので、まずはピンクカラーのクッションファンデーションから試してみてくださいね♪

【NiziUリク】メイク②オレンジアイシャドウで目元を強調

リクさんの目は奥二重で横幅があるというのが特徴です。

アイシャドウはマットなオレンジ系を使って目の立体感を出すのがオルチャンメイクの基本です。

美容専門家keiさん
美容専門家keiさん
どんなシーンでも万能に使えるオレンジアイシャドウは1つ持っておくととても便利ですよ♪

奥二重の場合、アイシャドウやラインが目立ちにくいので目元を強調するアイシャドウの塗り方をおさえておきましょう。

奥二重さんのアイシャドウの塗り方
  1. ハイライトカラーをアイホール全体に広めに塗る
  2. ミディアムカラーを二重幅より広く塗る
  3. 下まぶたの目じり(黒目より外側)にも色をのせる
  4. シェイドカラー(締め色)を見頭に広めに入れ、目尻に向かって細くなるようにする

ポイントは目を開けた時に、目頭から色がはみ出て見えるように塗ることです。目頭側に締め色を持ってくることで、自然に大きな目に見せることができます。

しっかりとアイシャドウを塗っても目を開くとぼんやりしてしまいます…

そんな時には、発色の良いアイシャドウをシェイドカラーとして使うと印象的な目になれます。

リクさんも発色の良いピンクやオレンジ系のカラーでメイクしていることが多いようですね!

またアイシャドウベースを使って、手持ちのアイシャドウを塗る前にベースを仕込むことで発色や色持ちがよくなりますよ。

【NiziUリク】メイク③涙袋メイクで目元を立体的に

 

この投稿をInstagramで見る

 

NiziU RIKUサポーター垢서포터(@niz.riku)がシェアした投稿 – 2020年 8月月20日午後10時08分PDT

リクさんは涙袋がしっかりあるので、そこを強調することで目元に立体感を出しています。

目尻側に締め色を持ってくることで、デカ目効果も得られます。

たまき
たまき
TWICEのメイク担当の方が紹介していた涙袋のメイク動画を参考に解説します!
オルチャン風涙袋のつくり方
  1. 明るいコンシーラーを目を細めた時に出る涙袋部分にのせる
  2. ツヤ感のある(パールなし)アイシャドウを同じ部分にのせる
  3. 涙袋の下に自分の肌より少しくらいシャドウで影を描く
  4. グリッターを少量とって涙袋にのせていく

ここでのポイントは影を作るときに

  • 顔が黄色みのある場合はピンクベージュ
  • 顔が赤みや明るめの色みの場合はブラウン

とアイシャドウを使い分けると自然に仕上がります。

またグリッターを使えば目がウルウルしているように見せられ、一気に立体感がうまれます。リキッドタイプのものを選べばしっかりと肌に密着してくれ、崩れにくいですよ♪

【NiziUリク】メイク④コーラルピーチのチークで女性らしさを

 

この投稿をInstagramで見る

 

Riku & Mayuka(@riyuka_oegou)がシェアした投稿 – 2020年 9月月18日午後9時36分PDT

リクさんはコーラルピーチのチークで可愛らしさをプラスしています。

コーラルピーチは日本人の肌色にも一番馴染む色です。健康的で血色感をアピールできるので、ナチュラルな表情を作りたいときや少し赤みが欲しいときにピッタリです!

チークを塗るときのポイント
  • 頬の中央に入れてナチュラルさを出す
  • チークの輪郭をぼかす
  • 2色使いをして顔に立体感をプラスしてもOK

チークを塗るときに血色感を意識してのせていくことがポイントになります。

美容専門家keiさん
美容専門家keiさん
ふんわりとのせることとその輪郭をぼかすことで肌からにじみ出るような赤みが出て、ナチュラルな仕上がりになります。

また、ベージュやブラウン系のチークを外側に塗ることで骨格を引き締め、コーラルピーチなどのチークを内側にのせることによって顔に立体感がでます。

初めからパレットに2色揃っているものもあるので、そのようなアイテムを活用しながら血色感のあるチークメイクにチャレンジしてみてください♪

【NiziUリク】メイク⑤ピンクリップでグラデーション

リクさんは下唇が厚めなので、明るいリップもとても映えますよね♪

肌にツヤを出している場合は、セミマットなピンク系のリップを使ってツヤをおさえると統一感がでます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

크게 봐도 예쁜 #13몰튼핑크

클리오 CLIO official(@clio_official)がシェアした投稿 – 2020年 8月月23日午後6時41分PDT

また、グラデーションリップで唇にも立体感をプラスしているのが特徴です。

グラデーションリップがうまくできません…

そんな人でもコツさえつかめば綺麗にグラデーションリップができるようになります!

使うものは【部分用ファンデーション】と【リキッドタイプのリップ】だけです。

部分用ファンデーションは気になる部分をカバーするコンシーラーのような役割をしてくれるだけでなく、ハイライトとしても使うことができるアイテムです。なければ手持ちのコンシーラーでもOKです。

 

グラデーションリップのつくり方
  • 部分用ファンデーションで唇関係を囲ってぼかす
  • 下唇の中央部分だけにリップをつける
  • 上唇と下唇をンマンマしてなじませて完成

部分用ファンデーションで唇全体を囲って、唇の輪郭をなくしてグラデーションリップの土台をつくることが重要です☆

あえて下唇の中央だけにリップをつけてそこから全体に広げていくと、中心が濃く外側に向かって徐々に薄くなり綺麗なグラデーションができあがります。

オイル成分が入っているものを選ぶと同時に保湿も叶えてくれ、自然なツヤも出してくれるので、成分にも注目して選ぶといいですよ!

一見難しそうに感じるグラデーションリップですが、リップ一本で簡単にできるので是非試してみて下さいね。

スポンサードリンク

【NiziUリク】メイクのポイントまとめ

いかがでしたか?今回はリクさんのメイクの特徴やポイントについてご紹介しました。

それぞれのパーツに立体感を持たせることでリクさんの可愛らしさや幼さに華やかさがプラスされていますよね♪

黒髪でも浮かないメイクなので、学生さんでもできそうです!

紹介したメイクポイントをおさえて、是非リクさんのような可愛らしさを手に入れてくださいね。

NiziUの他のメンバーのメイクを見たい方は以下の記事からチェックしてください♪

NiziUメンバーのメイクが丸わかり!垢ぬけ化粧のポイントは?NiziUは日本人9人で構成された女性アイドルユニットとして、世界中から注目を浴びています。 メンバーそれぞれに個性があり、デビュ...