芸能・エンタメ

北島康介の現在の仕事や年収は?今何してる?セカンドキャリアがすごい!

日本水泳界のエースで、長年にわたって活躍されてきた北島康介さん。

現在は引退され、テレビで見かけることもありますが、北島康介さんって今何してるの?と気になりますね。

現在の仕事としては、実業家としてビジネスを展開されているようです。

というわけで、北島康介さんのビジネスの内容や年収をチェックしてみましょう。

北島康介さんの年収について

まずはプロフィールを簡単に紹介。

北島康介(キタジマ コウスケ)
  • 水泳選手
  • 1982年9月22日生まれ
  • 身長:178cm
  • 体重:72kg
  • 血液型:B型
  • 出身:東京都荒川区
  • 所属:日本コカ・コーラ
  • 学歴:日本体育大学卒業

5歳から東京スイミングセンター(東京SC)で水泳を始める

中学2年生で、東京SCの平井伯昌コーチに才能を見出される

  • 2000年、高校3年生でシドニー五輪に初出場し、4位に入賞。
  • 2004年、アテネ五輪で100m・200m平泳ぎで金メダル
  • 第21回新語・流行語大賞年間大賞(2004年)「チョー気持ちいい」
  • 2008年、北京五輪でも100m・200m平泳ぎで金メダルを獲得し、日本人初となる2種目2連覇を達成
  • 第25回新語・流行語大賞ノミネート(2008年)「なんも言えねえ」

競技活動に加えて水泳の普及活動も積極的に行う。

2012年12月31日、girl next door(当時)の千紗との婚約を発表。

2014年6月27日、東京都水泳協会理事に就任。

2016年4月8日、日本選手権兼リオデジャネイロオリンピック代表選手選考会の男子200メートル決勝で5位となり、5大会連続の五輪出場を逃し「自分は引いて、これからの選手を応援したい、悔いはない」と語り、現役を引退。

2018年6月22日、東京都水泳協会副会長に就任。

水泳選手時代の年収について

日本の水泳選手の年収の仕組みとしては、多くの場合、企業への就職です。

企業の社員となりますが、会社での業務は免除され、主に練習に時間を使うことができるようです。

年収としては、普通に企業への就職なので、大学卒でも一般的な社員と同じで、就職1年目では200万円~300万が相場です。

水泳選手として活躍すれば、企業から遠征費の支給など、追加で支払われる収入もありますが、それでも厳しい状況と言えます。

そんな水泳選手の中でも北島康介さんは異質な存在。

北島康介さんはプロスイマーというカテゴリに分類され、プロスイマーというのはスポンサー契約をかわして、競泳生活を行います。

プロスイマーとしてスポンサー契約を交わして活動していたのは、北島康介さん以外には存在しないようです。

北島康介さんはアテネ・オリンピック後にコカ・コーラなどとのスポンサー契約を結び、

年間1億円以上の契約との報道もありました。

推定収入
  • 2010 (28)  推定1億5000万円
  • 2011 (29)  推定1億5000万円
  • 2012 (30)  推定1億5000万円
  • 2013 (31)  推定1億5000万円
  • 2014 (32)  推定1億5000万円
  • 2015 (33)  推定1億5000万円
  • 2016 (34)  推定1億5000万円
  • 2017 (35)  推定1億0000万円

他の水泳選手と比べると、稀な存在で年収もすごかったようですね。

北島康介の現在の仕事や年収は?今何してる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kosuke Kitajima(@kosuke5890)がシェアした投稿

北島康介さんの現在の仕事(2020)を見ていきます。

引退後の北島康介さんは、ビジネスを精力的に展開。

2009年6月に設立した「株式会社IMPRINT」と2015年3月に設立した「パフォームベタージャパン」という2社を運営。

ほかにもヘルスケアアプリや水着デザインのアドバイザー、東京都水泳協会理事として活動されています。

IMPRINT

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kosuke Kitajima(@kosuke5890)がシェアした投稿

株式会社IMPRINTは、アスリートのマネジメント業務などを手掛けています。

リオオリンピックで金メダルを獲得した水泳の萩野公介選手

元柔道オリンピック選手の野村忠宏氏

スノーボードアルペンの銀メダリストの竹内智香選手

などが所属しており、選手らのマネジメント業務を行なっています。

また、株式会社IMPRINTはスイミングクラブも運営しています。

スイミングクラブ「KITAJIMAQUATICS」や、代官山にあるプライベートレッスンが受けられる流水プール「AQUALAB」があります。

パフォームベタージャパン


91年にアメリカで設立されたパフォームベター社の日本法人。

トレーナーや理学療法士等を対象にリハビリやスポーツパフォーマンス向上のために必要な用具、知識、技術を提供。

パフォームベタージャパンの代表として、トレーニング用品の輸入・販売や、トレーナー向けのセミナーなど、外部講師も招いて展開しています。

各種アドバイザー

ヘルスケアアプリ「FiNC」内で、北島さんのトレーニング動画などを提供。

「+K arena by KOSUKE KITAJIMA」(アリーナ)という、自身の水着ブランドを展開。

東京都水泳協会理事

自身の名前をつけた大会「KOSUKE KITAJIMACUP」を開催。

スポンサーを募って賞金も準備し、優秀な成績を残した選手を表彰するなど、水泳界を盛り上げるために企画運営を行っています。

様々な活動を行っている北島康介さんですが、年収については正確にはわかりませんでした。

スイミングクラブと人材育成、そして物販という3本柱があれば、推定で年1億円から2億円以上の収入が見込めるとの試算もありました。

おそらく少なくても年収1000万円は下回ることはないでしょう。

北島康介の現在の仕事や年収は?今何してる?まとめ

現役を引退されても輝いている北島さんは流石ですね。

多くの苦難を乗り越えてきた北島さんだからこそ、ビジネスマンとしても偉業を達成されそうです。

セカンドキャリアにも注目ですね!