テーマパーク

アドベンチャーワールドを攻略したい!子連れでも効率よく満喫できる方法

アドベンチャーワールドを思いっきり楽しみたいと思っている方の中には、子連れで行かれる方も多いはず。

今回は、子連れでもアドベンチャーワールドを楽しむ攻略方法をお伝えします!

よめ
よめ
子連れと言っても、赤ちゃんから小学生まで年齢は幅広いです。
うめぽん
うめぽん
だよね。まずは授乳室の場所、それと小学生が楽しめるアトラクションも紹介します!
この記事の内容
  • まずは0歳~3歳ぐらいの乳児を連れて行く場合のベビーカーや授乳室、休憩所等をお伝えします。
  • 次に、小学生のお子さんが楽しめるアトラクションやツアーをご紹介!
  • 最後に、1日で効率よく園内をまわって、アドベンチャーワールドを満喫できる順番も書いています。

実際にアドベンチャーワールドによく遊びに行きますので、その経験をもとに書きました!

ぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク

アドベンチャーワールドの攻略を子連れでしたい!乳幼児を連れて行く場合は?

乳児を連れて行く場合、チェックしておきたいのが、ベビーカー・授乳室・休憩場所ですよね。

公式サイト地図

ベビーカーのある場所、授乳室の場所は以下のとおりです。

ベビーカー

インフォメーション

授乳室(ベビーケアルーム)
  1. センタードーム1Fエスカレーター横
  2. センタードーム2Fスマイルキッチン内
  3. エントランスドーム内
  4. ビッグオーシャン1F

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ベビーカー

アドベンチャーワールドではベビーカーのレンタルを、入園ゲート入ってすぐのインフォメーションで受け付けています。(車椅子もレンタルあり)

レンタル料金は以下のようになっています。

区分 料金 保証金
ベビーカー 800円 500円
オリジナルベビーカー 1,100円 500円
車イス 500円 500円

※車椅子は障害者手帳をお持ちの方は無料です。

ベビーカーは2種類あって普通のベビーカーと、パンダの形をしたオリジナルベビーカーがあります。

ベビーカーは、ご自身で持参される方が多いと思うのですが、せっかくだから記念にオリジナルベビーカーに乗せたい!という方は、見た目も可愛らしいオリジナルベビーカーをレンタルしてみてはいかがでしょうか(^^)

授乳室

次に授乳室ですが、園内には4か所に授乳室が設置されています。

男性も一緒に利用できます。

授乳室には、オムツ替えベッド、オムツの自動販売機、ミルク用の湯沸かし器などが用意されており、赤ちゃん連れには便利ですよ♪

なお、オムツ替えのベッドは授乳室だけでなく、園内各所にある女子トイレにもあるので、オムツだけ変えたい場合は、トイレでも大丈夫です。

また、女子トイレにはベビーチェアや男児用の小便器もあるので、使い安い施設となっています。

休憩所

1日中歩き回るのは大変ですよね。

休憩所は、園内各所にベンチや、日陰になっている場所がたくさんあるので、歩き疲れた際はすぐに休むことができます。

また、イルカショーの席を早目に確保しに行き、イルカショーが始まるまで休憩したり、サファリワールドのケニア号に乗って動物を見ながら休憩することもできますので、そろそろ疲れてくるかなと予想されるタイミングに合わせて、アトラクションを利用するものアリだと思います。

アドベンチャーワールドの攻略を子連れでしたい!おすすめのアトラクションは?

次に、小学生くらいのお子さんがいる場合にオススメしたいツアー・アトラクションをご紹介します!

アドベンチャーワールドには、入場料とは別で料金のかかる有料ツアー・アトラクションがあります。

その中でも面白いのが

  • サファリバックヤードツアー
  • ポニーライド

それぞれ内容を見ていきましょう!

サファリバックヤードツアー


2階建てバスに乗ってサファリワールドやバックヤードを巡ります。

受付 【当日販売】開園からケニア号乗場チケットカウンターで受付いたします。
実施日 毎日実施
所要時間 約50分
定員 20名
料金 3,000円/人 ※3歳以上有料

バックヤードを見せてくれるって、なかなかレアですよね(^^♪

無料のアトラクションとして列車タイプの専用車で動物たちを見れる「ケニア号」もありますが、バックヤードは見ることができません。

サファリバックヤードツアーなら、バスの2階に座れば眺めは最高ですし、バックヤードのふだん見えないところで動物たちがどんな風にしているのか見ることができます。

パンダにオヤツをあげるところを見ることができたり、子供たちも楽しんでくるはずです(^^)

ポニーライド

子連れの攻略として相応しいのが、この「ポニーライド」です!

ポニーライドは身長制限があり、130cm未満のお子さんだけしか体験できません。

大きくなってしまうと乗れなくなってしまうので、まだ130cm未満なら体験しておくことをオススメします。

受付 ポニーライドの会場で受付
会場 ファミリー広場
実施日 毎日実施
料金 600円/人

お値段もそんなに高くないので、トライしやすいです!

子供が一人で乗馬する姿には、成長を感じますね。

乗馬のあとは、たくさん褒めてあげてください。

アドベンチャーワールドの攻略を子連れでしたい!効率よく満喫できる回り方は?

アドベンチャーワールドは、動物園・水族館・遊園地の3施設が1つになっているテーマパークです。

入場料も決して安いわけではないので、「1日で全部回りたい!できるだけ満喫したい!」と考えている人も多いはず!

うめぽん
うめぽん
大人だけならスムーズに行動することができますが、子供がいると何かと大変で時間がかかります。
なので、事前にコースを考えておき、余裕を持ってスムーズに効率よく回りましょう!

ここでは、アドベンチャーワールドで子連れの場合の回り方の攻略方法をご紹介します。

あくまで一例ですので、面白そうと思った方はやってみてくださいね(^^♪

攻略できる回り方
  1. 前売り券を購入しておく
  2. 開園1時間前までには到着しておき余裕を持って入場する
  3. どの有料オプションツアーを体験したいのか決めておく
  4. 入園と同時にオプションツアーを予約
  5. すぐにマリンライブの時間をチェック
  6. マリンライブ&パンダを見る
    アドベンチャーワールドに来たからには、この2つは外せません。
    マリンライブの時間によって、マリンライブかパンダのどちらを先にするか決めましょう。
    マリンライブとパンダが終われば、アニマルアクションなども楽しみましょう♪
  7. お昼ごろになると思うので、ここでランチ
  8. 午後からは、サファリワールドを楽しむ
    せっかくなので、エサやりなどの有料オプションも体験しましょう
  9. 遊園地のアトラクションを楽しむ
  10. お土産を買う
  11. 帰宅or宿へ

おすすめの回り方としてはこのようになります!

有料のオプションツアーも利用する内容で考えました。

オプションツアーを利用する方は、あらかじめ前売り券をコンビニなどで購入しておくことをオススメします。

開園前には多くの人が並んでいて混み合っています。

人気のオプションツアーが予約でいっぱいになる前に、遅れないように予約しましょう。

次に、攻略スケジュールの内容を詳しく説明していきます。

マリンライブ

入園するともらえる「パークガイド」に、ライブやアトラクションの時間が記されています。

ライブやアトラクションの時間は、毎月変更されているので注意が必要です。

そして、アドベンチャーワールドに来たからには、絶対に見ておきたいのがマリンライブ(イルカショー)です。

イルカが10頭同時にジャンプしたり、トレーナーさんがイルカに乗ってサーフィンするなど、迫力満点!

うめぽん
うめぽん
これまで色々な水族館のイルカショーを見てきたのですが、アドベンチャーワールドのイルカショーのレベルはかなり上位です!絶対に見てほしい!

1日3回ありますので、時間をチェックしましょう。

混雑している場合は、早めにマリンライブの会場へ行って、席を確保しておくことをオススメします。

席数は多いので座れないという事はあまり無さそうですが、ギリギリに行くと端の方しか空いていないので、余裕を見て20~30分に場所取りする方がいいと思います!

パンダを見る

マリンライブが終われば、次はパンダを見に行きましょう!

もしくは、入場後マリンライブの時間をチェックしたけど、まだまだ時間があるという場合も、まずパンダを見に行くのがベスト!

こんなにたくさんのパンダを見れるのは、アドベンチャーワールドだけ!

場所は、パンダラブとブリーディングセンターで見ることができます。

動物達の中でもパンダは1番人気です。

混雑を避けたいなら、開園直後の真っ先に行ったり、夕方ごろの人が少ない時間を狙いましょう。

午前のメインどころのマリンライブ&パンダが終われば、昼食の時間までに他の動物たちを見ながら、アニマルアクションなどを楽しむのがいいと思います。

ペンギンやホッキョクグマ、ゾウを見て回るのがおすすめです。

昼食

ランチはエンジョイドームという場所にフードコートがあります。

12時を過ぎてくるとレストランの方では混雑してくるので注意が必要です。

もし混雑を避けたいなら、お弁当を持ってきたり、フードコートでテイクアウトして、ベンチなどの休憩所で食べるのもオススメです。

サファリワールド

昼からはオプションツアーやサファリゾーンを楽しみましょう!

アドベンチャーワールドの中でも、マリンライブ、パンダと共に押さえておきたいのが「サファリワールド」です。

やさしい瞳の草食動物、迫力の肉食動物、ありのままの姿に出会える動物たちの世界です。

列車タイプの専用車「ケニア号」という乗り物に乗ってゆっくりと動物たちを見て回ることができます。(無料)

ケニア号は随時発車していますので、少し歩き疲れたなぁというときに利用するのが上手な使い方になります!

休憩も兼ねて、自然の動物たちを見て回りましょう。

このサファリワールドには、たくさんのオプションツアーがありますので、事前にどの王ションに参加するかを決めておき、有料オプションで遊びます。

キリンにエサやり体験をすることができたり、ふれあったり、食事するところを見たりすることができます。

ふれあい広場やファミリー広場の方では、昼から行われるイベントが多いので、昼から利用するプランでOKです♪

オプションツアーに参加しなくても、遊歩道を歩きながら自然の動物を見ることもできますので、無料でも十分楽しめるようになっています。

また、遊園地の方は子供向けのアトラクションが多いので子連れの方は十分楽しむことができると思います。

夕方近くから利用した方が人が少ないのでたくさん楽しむことができますよ!

お土産コーナー


アドベンチャーワールドを満喫した後、最後はお土産です。

満喫しすぎてお疲れかもしれませんが、お土産は外せませんよね!

最後に入口近くにあるパンダグッズを買ったりして楽しみましょう。

お土産はパンダのお菓子やグッズもありますが、和歌山なのでミカンや梅などを使った食べ物も販売されていますよ(^^)

アドベンチャーワールドのおすすめの回り方を紹介しましたが、あくまで一例なので、自分なりにアレンジして楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

アドベンチャーワールドを攻略したい!子連れでも効率よく満喫できる方法まとめ

いかがでしたか?

アドベンチャーワールドは子連れで遊びに来ても、施設が整っていて安心して楽しむことができます!

コースに迷った場合は、今回の記事でご紹介した効率の良い回り方を実践していただければ幸いです。

せっかくなので、オプションツアーも利用して貴重な思い出を作って帰りましょう!