テオ

THEO(テオ)で世界に分散投資!気になるデメリットを検討してみた

うめぽん
うめぽん
こんにちは!子育てしながら資産運用実践中のうめぽんです。

資産運用ツールとして普及してきているロボアドバイザー。

完全自動で運用できるため、忙しい現代人にはぴったりです。

今回は、その中でもTHEO(テオ)に関連する記事になります。

1万円から気軽にスタートできるテオですが、デメリットはどんなことが考えられるのでしょうか?

投資が初めての方なら不安になりますよね。

結論から言うと、デメリットはありますが、理解をしていればあまり問題になりません。

それでは、テオのデメリットやメリットについて解説していきますので、この記事を読み終えれば、納得してテオを検討できます。

THEO(テオ)で投資するデメリットは?

テオのデメリットは以下のとおりです。

  • 手数料が高い
  • 10万円以下は出金できない
  • NISA口座非対応
  • 入出金時に時間がかかる
  • 短期的に大きな利益は見込めない

といったデメリットがありますが、しっかりと理解していればそれほど問題でありません。

一つずつ見ていきましょう。

手数料が高い

テオのサービス利用手数料は、預かり資産額の評価額の1%です。(税別・年率)

投資ビギナー
投資ビギナー
運用手数料1%というのは、高いのですか?
うめぽん
うめぽん
もしロボアドバイザーに頼らず投資ができる人なら、1%という手数料は割高かもしれませんね。

自分で投資信託の銘柄を選んで投資する場合、手数料0.2%以下という投資信託も普通にあります。

また、テオの投資先は海外ETFですが、自分でネット証券から海外ETFを買おうと思った場合、手数料が無料で購入できるものも存在します。

ですが、これから資産運用をはじめる初心者の方にとって

  • 証券会社を開設
  • 自分で銘柄選定
  • 状況によって投資先を組み替える

ということはかなり難易度が高いですよね。

テオなら買付から売却まで全てを自動化してくれますので、これらの手間を考えると、1%の手数料は高い手数料とは言えません。

なので、まずはテオを運用してみて資産運用を肌で感じながら、並行して自分で勉強を進めて、より良いものを見つけていく流れがいいと思います。

ちなみに現在は、手数料割引制度が導入されて使いやすさが増しています。

テオの手数料は預かり資産額の0.65%〜1.00%(税別・年率)。

積立や出金実績などのテオのご利用状況に応じて、通常1%の手数料が最大0.65%まで引き下げられます。

手数料は業界最低水準

主要ロボアドバイザー提供サービス(WealthNavi、楽ラップ、MSV LIFE、フォリオ)と比較(2019年4月1日時点で各社発表資料よりお金のデザイン調べ)

引用:THEObyお金のデザイン

10万円以下は出金できない

テオの運用を開始するときは、「1万円からスタートできる」という格安な金額から取引を始めることができます。

このため、初心者にはスタートしやすいロボアドバイザーです。

しかし、出金時は10万円以上という決まりがあるんです。

よって、10万円未満の金額を運用している場合は、解約するしか取り出すことはできません。

少し使いにくい部分ではありますが、そもそも長期で積み立てることを前提とした投資のため、数年は運用してから判断したいところ。

1年も経てば、10万円以上の金額になっていることが想定できるため、大したデメリットとは言えないですね。

NISA口座に対応していない

NISA口座で運用すれば、利益に対して税金が非課税になるので、「できればNISA口座で運用したい」という人もいるでしょう。

しかし、テオはNISA口座では運用できません。

ちなみに、他のロボアドバイザーサービスに関しても、全てNISA口座での運用はできないので、ロボアドバイザー同士で比較するのであれば、差はないと言えます。

入出金時に時間がかかる

ウェルスナビと比較すると、テオは「入金してから金融商品買い付けまで」と「出金依頼から現金化するまで」に少し時間がかかってしまいます。

テオ ウェルスナビ
入金から金融商品買い付けまで 最短翌営業日 最短当日
出金依頼から現金化まで 最短5営業日 最短3営業日

しかし、買い付け時にそこまで焦ることはありませんし、急いで現金化しないといけない資金で長期運用はしませんよね。

なので、これらは誤差の範囲ということで、大きなデメリットとは言えません。

短期的に大きな利益は見込めない

テオを含めたロボアドバイザーは、10年以上の長期投資を前提としたサービスです。

そのため、仮想通貨・FX・株のトレードのように、短期で大きな利益を上げたい方は、テオはおすすめできません。

テオは堅実に資産形成を行っていきたい方に向いています。

毎月3万円を30年間積み立てると…

引用:THEObyお金のデザイン

毎月1万円から投資することができるテオの「積立投資」ですが、テオ利用者の約70%が「積立」を利用しています。

相場は、高いときも低いときもあります。

定期的に購入タイミングを分散して投資することで、購入するETFの価格を平準化できるのが積立投資の特徴です。

さらに個人投資家が陥りがちな

  • いつ購入したら良いかと悩んでしまう
  • 相場の変動を見て一喜一憂してしまう

など、感情的になって合理的な判断が難しくなるという問題も、積立を設定することで解決できます。

単発的に大きな利益はありませんが、着実な資産形成だと言えますね。

THEO(テオ)で投資するメリットは?

では、テオのメリットはどうなっているのでしょうか。

テオのメリット
  • 1万円からスタートできる(業界最安水準)
  • 投資を全ておまかせ運用できる
  • 海外ETFで世界に分散投資(品揃えも豊富)
  • 積立投資ができる

それぞれ見ていきましょう。

1万円からスタートできる

テオの最も大きなメリットは、ロボアドバイザー業界最低水準の1万円から投資を行うことができることです。

うめぽん
うめぽん
  • 初心者なのでまずは少額から始めたい!
  • 若くてまだ貯金がたくさんない!

という方には、かなり向いています。

同じくロボアドバイザーで大人気の「ウェルスナビ」は最低10万円からのスタートとなります。

ウェルスナビと比較すると、10分の1なので、投資初心者の方でも安心して投資ができますよね。

投資を全ておまかせ運用できる

THEOの資産運用は、入金するだけで後は全ておまかせで運用できます。

投資する商品を選ぶ必要も無く、ポートフォリオ診断の結果をもとに、一人ひとりにあった方法で運用が始まります。

THEOのおまかせ運用
  1. 海外ETFを購入するために日本円を米ドルに変える「為替交換」を自動でやってくれる
  2. 自動で銘柄を買い付けてくれる
  3. 自動でポートフォリオのズレを直してくれる
  4. 自動でより良い銘柄に買い直してくれる

投資初心者にとって、敷居が高いのが、どの銘柄に投資すればいいのかわからないということです。

THEOなら、投資における難しいプロセスを全自動でしてくれるので、投資初心者でも安心できる運用方法です。

海外ETFで世界に分散投資

THEOの資産運用は、30種類以上のETF(Exchange Traded Fund=上場投資信託)
の中から投資先を選定し、ポートフォリオを構成します。

うめぽん
うめぽん
ETFのわかりやすい解説はこちら

細かく分解すると、投資先は世界86の国・地域、最終的な投資対象は11,000銘柄以上になり、徹底的な分散投資でリスク軽減を行っています。

海外ETFで世界中に分散投資を行うことで、着実な資産形成を行うことができます。

停滞している日本経済のみに投資をするより、今後も成長する世界経済へ投資をした方が、増やせる可能性が高いです。

世界の銘柄への投資となると、初心者では余計にわからなくなってしまうところですが、テオの自動運用を使うことで、ほったらかしで分散投資を行うことができるのはすごいですね!

積立投資ができる

テオでは、積立投資ができる「THEO積立」というサービスを行っています。

毎月の積立金額を設定することで、自動でその金額分の海外ETFを買い付け、コツコツと積立てくれます。

積立投資を行うことにより、日々の相場状況に一喜一憂せず、リスクを抑えた資産形成が可能となります。

積立投資は資産形成の王道です!

なぜ積立投資が重要なのかはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご確認ください(^^)/

ウェルスナビは一括投資ではなく積立投資を!ドルコスト平均法のメリットを享受せよ ウェルスナビは最低スタート金額が10万円で、その後は好きな時に追加資金を投入したり、月ごとに一定額を積み立てるような設定...

相場と戦うような投資をしてしまうと、仕事や家庭など集中しなければならないことが疎かになり、何をやっているのかわからなくなってしまいます。

毎月一定額を積み立てる自動運用なら、裏でお金が働いてくれるので、生活の質を保ったまま資産形成をすることができます。

THEO(テオ)の投資はこんな方におすすめ!

ここまで、テオのメリット・デメリットについて見てきましたが、テオをおすすめするのは以下のような方が当てはまります。

テオが向いている方
  • 毎日が忙しくて操作する時間がない
  • 他にやりたいことがるので、お金は裏で自動で働いてほしい
  • 資産運用・投資初心者で何から始めていいかわからない
  • 毎月コツコツと、長期での運用を考えている
  • 自分でFXや株などを運用しているが、運用を任せるポートフォリオも作りたい

このような方にテオは向いています。

投資ビギナー
投資ビギナー
同じロボアドバイザー運用で有名な「ウェルスナビ」と比較するポイントはありますか?
うめぽん
うめぽん
ウェルスナビは最低スタート資金が10万円ですが、テオは1万円なので、より始めやすい金額です。

また、どちらも手数料は1%ですが、テオの場合は手数料割引制度が導入され、差別化を図っています。
積立や出金実績などのテオ利用状況に応じて、手数料が最大0.65%まで引き下げられます!

その他にも、細かい運用先の違い等それぞれの特徴はありますが、『ドル建てで世界に分散投資する』というスタンスは同じです。

まずは上記のポイントに惹かれるかどうかで決めればいいと思います。

では次に、テオが向いていない人はどんな人なのでしょうか?

テオが向いていない方
  • 資産を一気に2倍・3倍にしたい
  • 数日〜数ヶ月で結果を求めてる
  • 日々のお金の増減が気になってしまう

短期で大きなリターンはロボアドバイザーでは不可能です。

また、長期の資産運用は、下落するときが必ずありますので、一時的な含み損が気になる方は、そもそも投資自体が難しいかもしれませんね。

THEO(テオ)を始めよう!

テオのメリット・デメリットを理解し、テオが向いている条件に当てはまる方は、テオの資産運用を始めましょう!

あなたが投資初心者なら、ロボアドバイザーは最も適したサービスだと断言できます。

  • これから資産運用を始めてみようという人は、どのような商品がいいのかわかりません。
  • 「投資を勉強してから」と思っても、毎日忙しいサラリーマンや主婦の方は時間がほとんどありません。

これらの状況を考えると、自分にあったプランで運用してくれるロボアドバイザーのテオは、画期的なサービスです。

資産形成において、一番賢い投資方法は「積立による投資」を「1日でも早く」はじめること。

1万円からスタートできるので「少額から投資を始めたい」という人には、テオがおすすめです。

THEO(テオ)で世界に分散投資!気になるデメリットを検討:まとめ

テオのデメリットとメリットについて解説しました。

どんな投資でもデメリットがあるのは当然ですが、ロボアドバイザーの場合はほとんど問題にならず初心者でも許容範囲です。

預貯金をしていても増える時代ではありません。

思い立ったが吉日!ということで、積立投資をはじめてみてはいかがでしょうか?

ロボアドバイザーでの運用を「今すぐ始めた方がいい理由」は、以下の記事で解説しています。

まだ投資してないの?20代で資産運用してる人の割合がすでに〇%の時代 こんにちは!子育てしながら資産運用実践中のうめぽんです。 人生100年時代と言われる中、若い世代で...