お金のこと

セミリタイアを40代で実現するための必要額はいくら!?セミリタイアは本当に幸せなの?

近年は、セミリタイアの概念が日本でも少しずつ広まってきているように感じます。

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • 長時間労働で毎日が消耗している
  • 人付き合いが苦手で人間関係に疲れた
  • 私の人生これでいいの?

勤続40年という常識は消えつつある時代、何とかセミリタイアできないのだろうか?と考えている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、40代でセミリタイアするために必要な経済的な側面のお話をします。

40代でセミリタイアを考えている方は最後まで読んでみてください。

セミリタイア40代の必要額は?

40代でセミリタイアするためには一体いくら準備をすれば良いのでしょう。

世の中が資本主義で動いている以上、セミリタイアを実現するためには、経済的バックグラウンドを必ず整える必要があります。

かずゆき
かずゆき
そもそもセミリタイアって何なんだろうね。
うめぽん
うめぽん
一般的なイメージとしては、「働かずに生きる」ってことですよね。

しかし、明確な定義はないので、人によってセミリタイアの定義は若干異なってくると思います。

ですので、ここでは以下の2種類に分けて考えていきます。

  1. セミリタイア
  2. 完全リタイア
セミリタイア 仕事は続けるけどストレスのかからない範囲で時間を調整できるライフスタイル。
完全リタイア 完全に労働しなくていい状態。

当然、どっちを選ぶかによって準備しなければならない金額は異なってきますので、セミリタイアしたい場合と完全リタイアしたい場合の2パターンに分けて目標金額を考えていきたいと思います。

また、目標金額を考える上で他にも考慮しなければならないのが、自分がどんなライフスタイルを目指しているのか?ということです。

  • 独身or結婚
  • 子供いる?いない?
  • 都心部or田舎

などなど、人によって目指すライフスタイルは異なりますよね。

パターンが色々ありすぎて全て書ききれませんので、今回は一番シンプルな『独身』の場合を想定して目標金額を考えていきます。

対象モデル
  • 就職開始:22歳
  • 40歳までの平均年収:500万円
  • 年金支払開始:22歳(基礎年金・厚生年金)
  • 月々の生活費:25万円
  • 配偶者等:なし

月々の生活費を25万円と設定しましたが、一人暮らしで十分生きていける金額だと思います。

このモデルを参考に、セミリタイアしたい場合と完全リタイアしたい場合の2パターンに分けてシュミレーションしていきます。

今回は独身モデルですが、基本的な考え方は同じなので、結婚している人や子供がいる人でも参考にしていただけると思います。

セミリタイア40代の必要額

セミリタイアでは、完全に労働からリタイアするのではなく、ストレスのかからない範囲で仕事を継続し、残りの時間を余暇として過ごします。

労働収入を少しは確保できることから、40代であっても実現できる可能性が高いプランです。

シュミレーションとして、月に15万円ほどの収入を確保したまま40歳でセミリタイアした場合、その後いくら必要なのかを見ていきましょう。

40歳~65歳 生活費25万円
(月に15万円の収入があるので、不足額10万円
65歳~90歳 生活費25万円
(年金が13万円もらえると想定し、不足額12万円
年金受給額は「収入は50歳までは年500万円、65歳までは年180万円」として、13万円支給される想定。
  • 40歳から65歳までの不足額合計は、10万円×12ヶ月×25年間=3,000万円
  • 65歳から90歳までの不足額合計は、12万円×12ヶ月×25年間=3,600万円
  • 不足額は合計で3,000万円+3,600万円=6,600万円

ということは、40歳までに6,600万円を作らなければセミリタイアはできないのでしょうか!?

22歳から40歳の間で6,600万円を準備するためには、6,600万円÷18年=366万円、つまり年間に366万円の貯金が必要ということになります。

年収500万円の人が年間で366万円を貯めるとなると、実家暮らしでもない限り相当厳しいですよね。

かずゆき
かずゆき
やっぱり40歳でのセミリタイアって相当難しいんじゃないの?
うめぽん
うめぽん

そんなことはありません!

まずは「6,600万円を貯める」という発想を捨てましょう。

貯金したお金から生活費を切り崩すという「足し算」と「引き算」しか使っていない方法ではなく、資産運用を活用し「掛け算」を使って対策を考えます。

40歳から65歳までの月々の不足額10万円(年間で120万円)を、資産運用で準備する一例をあげてみます。

例えば、40歳の時点で3,000万円という資産があり、年利5%で運用できれば、年間150万円の利益は発生します。(3,000万円×0.05=150万円)

そして、来年も元金の3,000万円は残っており、また150万円が生み出されます。

このように元金を減らさずに運用を続ければ、3,000万円がなくならないまま90歳まで生きることができるのです。

つまり、6,600万円ではなく3,000万円であれば、このモデルはセミリタイア可能です。

子供の頃にお金の勉強をしていない日本人は、貯金したお金から切り崩すという概念しか持っていません。

しかし、自分の生きたいライフスタイルを実現するためには、お金の学びは欠かせないのです。

完全リタイア40代の必要額

完全リタイアとは、若いうちに資産や不労所得をつくり、完全に労働をせずに生活する形態です。

基本的に労働収入がゼロになるため、十分な資産や知識、経験が必要です。

では、40歳で完全リタイアするためにはどれほどの資金が必要なのでしょうか?

40歳~65歳 生活費25万円
(労働収入がないので、不足額25万円
65歳~90歳 生活費25万円
(年金が10万円もらえると想定し、不足額15万円
年金受給額は、セミリタイアの場合は65歳まで働いていましたが、リタイアの場合は40歳で就労しなくなるので、もらえる年金額は減ってしまいます。
  • 40歳から65歳までの不足額合計、25万円×12ヶ月×25年間=7,500万円
  • 65歳から90歳までの不足額合計、15万円×12ヶ月×25年間=4,500万円
  • 不足額の合計は、7,500万円+4,500万円=1億2,000万円

つまり、貯金だけで40歳完全リタイアを実現しようと考えた場合、40歳で1億2,000万円もの資産が必要ということになり、必要資金は大台の1億円を突破してしまいます。

サラリーマン収入だけでこの金額を築くのはかなり非現実的ですね。

では、資産運用の考え方を取り入れた場合はどうでしょうか。

毎月の生活費である25万円(年間300万円)を生み出すためには、資産3,000万円なら年利10%、資産4,000万円なら年利8%、資産5,000万円なら年利6%で達成できます。

では、40歳までに5,000万円を作ることは可能なのか考えてみます。

22歳から40歳までの18年間で5,000万円を貯金するためには、毎月23万円の貯金をしなければいけません。

  • 大手企業で年収1,000万円以上ある
  • 副業をして本業以外でも稼ぐ
  • 夫婦であれば共働きで世帯年収1,000万円以上ある

といった場合は5,000万円は達成可能だと思いますが、通常であれば難しい水準ではないでしょうか。

また、さらに余裕を見るならば、完全リタイアの場合は労働の収入源がゼロになりますので、1億円レベルは用意した方がよいと考えます。

そのためには

  • ビジネスで成功する
  • 事業を売却する
  • 夫婦でガシガシ働きながら投資でも増やす

など、かなりの努力が必要になりますので40歳完全リタイアは誰にでもできるものではないという感じですね。

セミリタイアと完全リタイアの特徴

次に、セミリタイアと完全リタイアの特徴を見ていきます。

労働が大変で人間関係にも疲れてしまうのはわかりますが、セミリタイアや完全リタイアを40代で実現することができれば、本当に幸せなのでしょうか?

それぞれの特徴を知って、本当に目指すべきなのかを考えてみてください。

セミリタイアの特徴

セミリタイアの特徴としては、労働収入を少しは確保していく生き方なので40代であっても実現の可能性が高いということです。

例えば、あなたが幸せに生きるために必要な収入が月25万円だったとします。

うめぽん
うめぽん

もし今の仕事を辞めて、本当にやりたいと思う仕事の収入が15万円しかなかったとしても、不足分の10万円が資産収入から生み出されていれば、どうでしょう?

かずゆき
かずゆき
確かにそれなら、今の仕事を辞める選択をできるかもね。

このように、セミリタイアは選択肢を広げることができる実現性の高い方法と言えます。

セミリタイアのメリット

40代セミリタイアのメリットを見ていきましょう。

40代はまだまだ体力もあり、セミリタイアによって得られる時間を有効に使い、海外旅行やスポーツをしてセカンドライフを十分に楽しむことができます。

また、「時間」という貴重なものを手に入れることができ、何か目指したいものがある場合は、多くの時間をそこに費やすことができるので結果も出やすいでしょう。

そして最悪の場合、「就職に戻らなければ!」となっても、40代はある程度経験を積んでいて若さもある世代ですから、再就職しやすいメリットもあります。

資金が不安になった場合や、やはりセミリタイアは自分に合っていなかったと思った場合に再就職の道が残されている、ということが強みになりますね。

セミリタイアのデメリット

40代でのセミリタイアは、家庭がある場合は特にですが、世間の目が気になってしまいます。

”仕事を続けられず断念した親”といった目で見られるかもしれません。

また、会社という組織から抜けるため、社会保障が薄くなります。

なので、「何か起こったらどうしよう」という金銭的不安が多少は伴います。

私たちが思っている以上にサラリーマンというのは守られています。

その辺りのリスクヘッジも考えた上で、セミリタイアの選択をするようにしましょう。

完全リタイアの特徴

リタイアと言う状態にあこがれを抱く人は多いでしょう。

会社に雇われない生活を送れるのは、多くのサラリーマンの夢かもしれません。

しかし、リタイアをするためには覚悟が必要だということも知っておくべきです。

働かずに生活できる状態を目指すということは、現状よりも豊かな状態になろうとしているため、当然のことながら現状維持の状態では不可能で、行動や勉強など相当な努力の先に実現できるものです。

また、雇われている身であれば、毎日与えられた事をこなしているため、思考しているようで実はそれほど思考していないのが現実です。

反対に、自由であるということは”全てを自分で決めていかなければならない”という状況にいるということです。

よって、自由になりたいのであれば、それ相応の能力や責任が伴います。

金銭的にも1億円レベルが必要になりますが、それ以上にどれだけ自分と向き合ってきて、どれだけ挑戦してきたかという経験値の大きさで、リタイア後の人生は左右されるのではないでしょうか。

完全リタイアのメリット

完全リタイアのメリットは「好きな人と、好きな時に、好きな場所で、好きなことができる」を実現できるところです。

やりたいことを30個以上は用意する必要がありますね!

やりたいこと30個
  1. 一人でできること10個
  2. 家族とできること10個
  3. 友人とできること10個

「リタイア後は海外旅行に行きたいな」くらいの考えでは、すぐに喪失感がやってきます。

自分は本当は何がしたくて、どんな人生を歩みたいのかを深く考えておくことが大切です。

もしも本当に叶えたい夢があるのなら、完全リタイアの場合はロケットのようなスタートを切ることができますね。

完全リタイアのデメリット

完全リタイア生活のために緻密に計算していても、その通りに行くときばかりではありません。

これまで好調だった投資が上手くいかなくなって、生活費が捻出できないような状況になる場合もありますので、労働収入ゼロのリスクが伴います。

また、「自由」や「悠々自適な生活」と聞くととても魅力的に感じますが、完全リタイアをすると社会との接点を絶たれることになります。

通常の40代はバリバリの働き盛りなのに、自分は人との関わりがなく、無力感に悩む日々が始まるかもしれません。

ここでもやはり、自分の人生のビジョンを持つこと、周りの人たちに流されないような軸を持つことが必要になってきますので、日々どれだけ自分と向き合っているかということが大切になってきます。

セミリタイアを40代で実現すれば本当に幸せなのか?

40代セミリタイアと完全リタイアの特徴を見てきましたが、いかがでしたか?

セミリタイアや完全リタイアは誰もが憧れる状態ですが、それなりと覚悟が必要であったり、デメリットがあることもわかりましたね。

それでもセミリタイアや完全リタイアすれば幸せになれるのでしょうか?

かずゆき
かずゆき
少なくとも会社の煩わしい付き合いはなくなるから、幸せになれそうな気もするけどね。
うめぽん
うめぽん

もちろんそれはあると思います。

でも、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

完全リタイアのイメージは、南の島でのんびり、悠々自適というのが一般的です。

しかし、将来のんびりを実現するためには、今努力するしかありません。

つまり、リタイア状態になれる人というのは努力を続けるエネルギー量がある人なのです。

なので、あれほど渇望していたリタイア状態になったにも関わらず、何も起きない日常に物足りなさを感じて悩んでしまう可能性があります。

反対に、今のんびりダラダラをやめられない人は将来リタイアなんてできず、労働しなければならない毎日に悩むのです。

リタイアをすれば幸せが待っていると思いがちですが、人間である以上、悩みはなくならず、そのステージにはそのステージの悩みや不安があるものです。

これらのことから、個人的な意見を言わせてもらうと、まずセミリタイアか完全リタイアの状態は目指すべきだと思います。

お金に困らない状態を作ることで、かなりストレスを減らすことができますからね。

その上で、世間との関わりを絶たずに適度なバランスを保つ生き方をするのが幸せになれる選択だと思います。

うめぽん
うめぽん
こういった意見は、僕が実際に豊かに生きている経済的自由人に触れてきた経験から思うことです!

もしも今、自分の人生に悩んでいてセミリタイアを目指したい!という方は、セミリタイアに向けての資産作りと併せて、以下のことも意識してみましょう。

セミリタイア後、豊かに生きるためのポイントです。

  • 仕事は目的ではなく手段と考える
  • 外部環境に幸せを求めない

仕事は目的ではなく手段と考える

多くの場合、セミリタイアしたいという理由は「上司から逃れたい」「人間関係がイヤだ」といった気持ちから来るものです。

その状態でセミリタイアを目指した場合、幸せになるのが難しいかもしれません。

なぜなら仕事が目的化してしまっているからです。

かずゆき
かずゆき
仕事を変えたら幸せになれるという妄想だね。
うめぽん
うめぽん
その通りです。脱サラして新しくビジネスを始めても人間関係がうまくいかなければまたその状況がイヤになり、次を探すようになります。

そうならないためにも、仕事を辞めたいという後ろ向きな発想ではなく、絶対に人生で達成したいような夢を考えましょう。

前向きな夢があれば仕事は手段となり、サラリーマンでもフリーランスでもセミリタイアでも充実した人生を送ることができます。

外部環境に幸せを求めない

外部環境に幸せを求めているうちは、何をやっても幸せになれません。

幸せとは自分の内側の問題だからです。

かずゆき
かずゆき
なんか精神的な話になってきてない?
うめぽん
うめぽん
そうですね。でもそれが一番大切なことなんですよね。

仕事を変えても、スキルを身に付けても、お金が増やえても、セミリタイアできても、外部環境をイジることは直接的に幸せには繋がりません。

よくある例え話で、日本人は物質的には豊かだが心は貧しいといった話があります。

いくら外部環境が豊かでも、今の状況を幸せと捉えるか不幸と捉えるかは、結局自分次第です。

ですので、日々の小さな出来事にも幸せを感じられるような感性を取り戻すことが、豊かに生きるための本質だと思います。

セミリタイア40代の必要額は?まとめ

今回は40代でのセミリタイア、完全リタイアについて紹介しました。

完全リタイアは誰もが実現できるものではありませんが、セミリタイアであれば40代でも十分に可能です。

セミリタイアでは、仕事と余暇のバランスが取れており、人生100年時代を楽しく生きるには魅力あるライフスタイルだと思います。

まずは、あなたの目指すライフスタイルにはいくら資金が必要なのか、計算するところから始めていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。