資産形成の考え方

セミリタイアを40代で実現するための必要額はいくら!?セミリタイアは本当に幸せなの?

セミリタイアの概念が日本でも少しずつ広まってきましたね。

  • 長時間労働で毎日が消耗している。
  • 人付き合いが苦手で人間関係に疲れた。
  • 私の人生これでいいの?

勤続40年という常識は消えつつある時代です。

40代でセミリタイアできないのだろうか?

このような発想をされる方も多いのではないでしょうか?

今回は、40代でセミリタイアを実現するためには経済的な側面をどう整えればよいのかを紹介します。

スポンサードリンク

セミリタイア40代の必要額は?

セミリタイアを実行するには、やはり経済的バックグラウンドは避けて通れません。

そもそもですが、セミリタイアの定義って人によって違いますよね。

そもそもセミリタイアの定義は?

「リタイア」ですが、大きく分けて2種類が考えられます。

仕事は続けるけどストレスのかからない範囲で時間を調整できるライフスタイルをセミリタイア、完全に働かいない状態を完全リタイアとします。

人によって捉え方は様々ですので、セミリタイアの場合と完全リタイアの場合に分けて、それぞれどのくらい資金を用意したら良いのかを考えてみたいと思います。

けいちゃん
けいちゃん
でも、独身、結婚している、結婚して子供がいる、といったように状況によっても資金計画がかなり異なってきますよね。
うめぽん
うめぽん

細かく見ていくと、結婚している場合は配偶者も働いているのかどうか、子供がいる場合は子供が何人いるのか、学費はどれくらいかかるのか、などによって様々なパターンが考えられます。

今回は、一番シンプルな想定ができる「独身」の場合で考えていきたいと思います。

ですが、これがベースの考え方になりますので、結婚している場合や子供がいる場合にも参考にしていただけると思います。

対象モデル
  • 就職開始:22歳
  • 40歳までの平均年収:500万円
  • 年金支払開始:22歳(基礎年金・厚生年金)
  • 月々の生活費:25万円
  • 配偶者等:なし

月々25万円の生活費は、一人暮らしで十分生きていける設定だと思います。

いくらあれば幸せなのかは人それぞれですので、ご自身の目指すライフスタイルを踏まえて、数字を変えてみてくださいね。

セミリタイア40代の必要額

セミリタイアでは、完全に労働からリタイアするのではなく、ストレスのかからない範囲で仕事を継続し、残りの時間を余暇として過ごします。

労働収入を少しは確保できることから、40代であっても実現できる可能性が高いプランです。

それでは、月に15万円ほどの収入を確保したまま、セミリタイアした場合はいくら必要なのか計算してみましょう。

40歳でセミリタイアする場合
40歳~65歳 生活費25万円を確保
(月に15万円の収入があるので、不足額10万円
65歳~90歳 生活費25万円
(年金が13万円もらえると想定し、不足額12万円

40歳から65歳までの不足額合計:10万円×12ヶ月×25年間=3,000万円

65歳から90歳までの不足額合計:12万円×12ヶ月×25年間=3,600万円

年金受給額は「収入は50歳までは年500万円、65歳までは年180万円」として、13万円支給される想定。

不足額は全部で3,000万円+3,600万円=6,600万円

つまり、40歳までに6,600万円を作らなければならない!?

22歳から40歳までに6,600万円を準備するには、6,600万円÷18年=366万円

年間に366万円の貯金が必要ということになります。

年収500万円の人が年間で366万円を貯めるとなると、実家暮らしでもない限り相当厳しいですよね。

けいちゃん
けいちゃん
ということは、この条件で40歳セミリタイアは無理なの?
うめぽん
うめぽん
いいえ。大丈夫です。
まずは、6,600万円を貯めるという発想を捨てましょう。

これは、貯金してそこから切り崩すという「足し算」と「引き算」しか使っていません。

資産運用という方法で「掛け算」を使ってみませんか?

40歳から65歳までの月々の不足額10万円(年間で120万円)を補う方法は下記のとおりです。

仮に40歳の時点で3,000万円という資産があり、年利5%で運用できれば、年間150万円が生み出されます。(3,000×0.05%=150)

そうなると、来年も元金の3,000万円が残り、また150万円が生み出されます。

これをずっと続ければ、3,000万円がなくならないまま90歳まで生きることができるのです。

6,600万円ではなく3,000万円であれば、実現可能な数字です。

お金の勉強をしていない日本人は貯金から切り崩すという考え方しか持っていません。

しかし、「人生100年時代」にはこういった考え方を取り入れるのは、もはや必須になってきます。

完全リタイア40代の必要額

完全リタイアとは、若いうちに資産や不労所得をつくり、完全に労働をせずに生活する形態です。

基本的に労働収入がゼロになるため、十分な資産や知識、経験が必要です。

では、40歳で完全リタイアするためにはどれほどの資金を準備したら良いのでしょうか?

40歳で完全リタイアする場合
40歳~65歳 生活費25万円を確保
(労働収入がないので、不足額25万円
65歳~90歳 生活費25万円
(年金が10万円もらえると想定し、不足額15万円

40歳から65歳までの不足額合計:25万円×12ヶ月×25年間=7,500万円

65歳から90歳までの不足額合計:15万円×12ヶ月×25年間=4,500万円

年金受給額は、セミリタイアの場合は65歳まで働いていましたが、リタイアの場合は40歳で就労しなくなるので、もらえる年金額は減ってしまいます。

不足額は全部で7,500万円+4,500万円=1億2,000万円

つまり、貯金だけで実現しようと考えた場合、40歳までに1億2,000万円必要ということになります。

40歳で完全リタイアを実現する場合、必要資金は大台の1億円を突破してしまいます。

サラリーマン収入だけでこの金額を築くのはかなり非現実的ですね。

では、資産運用の考え方を取り入れた場合はどうでしょうか。

毎月の生活費である25万円(年間300万円)を生み出すためには、資産3,000万円なら年利10%、資産4,000万円なら年利8%、資産5,000万円なら年利6%で達成できます。

そこで、40歳までに5,000万円を作ることは可能なのか考えてみます。

22歳からの18年間で5,000万円を作るためには、毎月23万円の貯金をしなければいけません。

  • 大手企業で年収1,000万円以上ある
  • 副業をして本業以外でも稼ぐ
  • 夫婦であれば共働きで世帯年収1,000万円以上ある

といった場合は5,000万円は達成可能だと思いますが、通常であれば難しい水準ではないでしょうか。

また、さらに余裕を見るならば、完全リタイアの場合は労働の収入源がゼロになりますので、1億円レベルは用意した方がよいと考えます。

ですので、

  • ビジネスで成功する
  • 事業を売却する
  • 夫婦でガシガシ働きながら投資でも増やす

など、かなりの努力が必要になりますので40歳完全リタイアは誰にでもできるものではなさそうですね。

セミリタイアを40代で実現すれば幸せなのか?

では、セミリタイアや完全リタイアを40代で実現すれば、本当に幸せなのでしょうか?

それぞれの特徴を考えてみます。

セミリタイアの特徴

セミリタイアは、労働収入を少しは確保していく生き方なので、40代であっても実現の可能性が高いプランです。

内心は疑問も持ちながら仕事しているけど、生きるための生活費が25万円かかるから、今の仕事を辞められない。。。
うめぽん
うめぽん
このように考えている人は多いと思います。
もし今の仕事を辞めて、本当にやりたいと思う仕事の収入が15万円しかなかったとしますでも、不足分の10万円が資産運用などから生み出されていれば、どうでしょう?
今の仕事を辞める選択をできるかもしれませんね! 。 

セミリタイアはこのような特徴を持ったライフスタイルです。

セミリタイアのメリット

40代はまだまだ体力もあり、セミリタイアによって得られる時間を有効に使い、海外旅行やスポーツをしてセカンドライフを十分に楽しむことができます。

また、「時間」という貴重なものが増えることから、何か目指すことがある場合は、多くの時間をそこに費やすことができるので、結果も出やすいです。

そして最悪の場合に「就職に戻らなければ」となっても、40代はある程度経験を積み、若さもある世代ですから、再就職しやすいメリットもあります。

資金が不安になった場合や、やはりセミリタイアは自分に合っていなかったと思った場合に再就職の道が残されている、ということが強みになりますね。

セミリタイアのデメリット

40代でのセミリタイアは、家庭がある場合は特にですが、世間の目が気になってしまいます。

”仕事を続けられず断念した親”といった目で見られるかもしれません。

また、会社という組織から抜けるため、社会保障が薄くなりますので、「何か起こったらどうしよう」という金銭的不安が伴います。

思っている以上にサラリーマンというのは守られています。

その辺りのリスクヘッジも考えた上で、セミリタイアの選択をするようにしましょう。

完全リタイアの特徴

リタイアと言う言葉にあこがれを抱く人もいるでしょう。

会社に雇われない生活を送れるのは、多くのサラリーマンの憧れかもしれません。

しかし、リタイアをするには覚悟がいることだと、知っておくべきです。

今よりも豊かになろうとしているため、当然のことながら現状維持の状態では不可能で、行動や勉強など相当な努力の先に実現できるものです。

また、雇われている身であれば、毎日与えられた事をこなしているため、思考しているようで実はそれほど思考していなかったりします。

しかし自由ということは、”全てを自分で決めていかなければならない”ということです。

本当の自由になりたいのであれば、それ相応の能力や責任が伴います。

お金の資産も1億円レベルが必要になりますが、それ以上に「どれだけ自分と向き合ってきて、どれだけ経験してきたか」という資産の大きさでリタイア後の人生が良い方向に転ぶのか悪い方向に転ぶのかが左右されてきます。

完全リタイアのメリット

すべての時間が自由に使えるため、「好きな人と、好きな時に、好きな場所で、好きなことができる」を実現できます。

もうこれに尽きると思います。

うめぽん
うめぽん
やりたいことを30個以上は用意しましょう!
やりたいこと30個
  1. 一人でできること10個
  2. 家族とできること10個
  3. 友人とできること10個

「リタイア後は海外旅行に行きたいな」くらいの考えでは、すぐに喪失感がやってきますので、自分は本当に何がしたくて、どんな人生を歩みたいのかを深く考えておくことが大切です。

もしも本当に叶えたい夢があるのなら、完全リタイアの場合はロケットのようなスタートを切ることができますね(^^♪

完全リタイアのデメリット

将来のリタイアのために緻密に計算していても、その通りに行くときばかりではありません。

これまで好調だった投資が上手くいかなくなって、生活費が捻出できないような状況になる場合もありますので、労働収入ゼロのリスクが伴います。

また、「自由」や「悠々自適な生活」と聞くととても魅力的に感じますが、完全リタイアをすると社会との接点を絶たれることになります。

通常の40代はバリバリの働き盛りなのに、自分は人との関わりがなく、無力感に悩む日々が始まるかもしれません。

リタイアをすれば幸せが待っていると思いがちですが、人間である以上、悩みはなくならず、そのステージにはそのステージの悩みや不安があるものです。

ここでもやはり、「自分の人生のビジョン」を持つこと、周りの人たちに流されないような軸を持つことが必要になってきますので、日々どれだけ自分と向き合っているかということが大切です。

セミリタイアを40代で実現すれば本当に幸せなのか?

セミリタイアの特徴、メリット、デメリットを見てきましたが、実現した場合は幸せになれるのでしょうか?

結局答えは、「幸せになれる人もいるし、なれない人もいる」ということです。

うめぽん
うめぽん
幸せ基準は人それぞれなので、これは独自の目線になります。
なので正しいということはありませんが、参考にしていただけたらと思います。

仕事は目的ではなく手段

多くの場合、セミリタイアしたいという理由は、「上司から逃れたい」「人間関係がイヤだ」といった気持ちから来るものです。

その状態でセミリタイアを目指した場合は、幸せになるのが難しいかもしれません。

仕事が目的化してしまっているからです。(仕事を変えたら幸せになれるという発想)

そのため、新しくビジネスを始めても人間関係がうまくいかなければまたその状況がイヤになり、次を探すようになります。

ですので、仕事を手段化できるような「人生の目的」みたいなものを持つことができれば、サラリーマンなのか、フリーランスなのか、セミリタイアなのかを決めることができ、充実した人生を送ることができると思います。

外部環境より内側を磨く

このように外部環境に幸せを求めているうちは、何をやっても幸せになれません。

幸せとは自分の内側の問題であるからです。

仕事を変えたとか、スキルを身に付けるとか、お金が増えたとか、外部環境を箇所箇所イジってもあまり意味はなく、自分の内側から丸ごと全部ひっくり返すような変化を目指した方がより幸せになれると思います。

リタイアを実現できる人はリタイアは面白くない?

リタイアのイメージは、南の島でのんびり、悠々自適というのが一般的ですね。

ですが、セミリタイアやリタイア状態になれる人というのは、かなりの努力を続けるエネルギーがある人ですので、たとえリタイア状態になったとしても何も起きない日常に物足りなさを感じるかもしれません。

やはり、そういう人は価値を生み出す役割だということですね。

本当にのんびりダラダラを求めている人はリタイアなんてできず、逆にリタイアを目指せる人は、リタイアしても面白くないかもしれないという、世の中そんなふうにできていて、何とも言えない気持ちになります。
うめぽん
うめぽん
なので個人的には、これらのことから、リタイアでもセミリタイアでも、世間との関わりを絶たずに適度なバランスを保つ生き方をするのが幸せになれる選択だと思います。
スポンサードリンク

セミリタイア40代の必要額は?まとめ

今回は40代でのセミリタイア、完全リタイアについて紹介しました。

完全リタイアは誰もが実現できるものではありませんが、セミリタイアであれば40代でも十分に可能です。

セミリタイアでは、仕事と余暇のバランスが取れており、人生100年時代を楽しく生きるための魅力あるライフスタイルだと思います。

まずは、あなたの目指すライフスタイルではいくら資金が必要なのか、この記事を参考に計算してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!