老後資金

【老後に必要なお金】その内訳は?細かなシュミレーションをしてみました

健康寿命が伸びた人生100年時代の日本ですが、今回は老後の生活費がいくら必要で、その内訳がどのようになっているのかを見ていきたいと思います。

内訳を見ることにより、収入が限られている中で自分はどこにお金をかけて、どこのお金を節約するのかといった自分にとって望ましいライフスタイルを考えるきっかけにしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

老後に必要なお金はいくら?その内訳は?

どれくらいの生活費があれば豊かに生きれるのかは、人それぞれ基準が異なりますよね。

「生きていくのに最低限の生活費」や「ゆとりある老後の生活費」

また「夫婦なのか」や「独身なのか」かによってその支出額は大きく異なります。

今回は、総務省統計局の2017年家計調査報告のうち、

世帯主の年齢階級別(二人以上世帯)の消費支出

を参考に話を進めます。

  • 60~69歳の世帯では、1ヶ月平均29万84円
    (年間の支出が3,481,003円となっていますので12で割って算出)
  • 70歳以上の世帯では、1ヶ月平均23万4,628円となっています。

それでは消費支出の内訳を見てみましょう。

内訳 支出額
60~69歳
支出額
70歳以上
食費 76,608円 68,065円
住居 16,459円 14,115円
光熱・水道 22,693円 21,191円
家具・家事用品 11,991円 9,570円
被服及び履物 9,999円 6,850円
保険医療 14,603円 14,850円
交通・通信 43,448円 23,998円
教育 1,352円 360円
教育娯楽 29,366円 23,162円
その他の消費支出 63,565円 52,466円
合計 290,084 234,628円

この内訳から、どのような項目があって、どの程度のお金が必要なのかイメージすることができるのではないでしょうか。

当然ですが、70歳以上の方が外で出る回数や行動力も少なくなるため、支出額は少なく済んでいます。

老後に必要なお金の内訳【自分の場合を考える】

統計調査によって1ヶ月に必要な生活費の目安はわかりましたが、「自分の場合はどうなのか」を考えることが一番大切です。

そこで、我が家の場合を考えてみましたので参考にしていただければと思います。

我が家は現在4家族です。子供が成人し、僕たち夫婦が老後を迎えた場合を想像し、支出額を考えてみました。

食費

上の表では76,608円となっていますので、30で割ると、1日辺り2,500円くらいの支出ということになります。

朝500円、昼1,000円、夜1,000円といった振り分けにすると分かりやすいですね。

毎日少しずつ節約をして、貯まった分でたまに外食に行けるレベルですね。

うめぽん
うめぽん
我が家はもうちょっと多く外食に行ける選択を持ちたいので、食費10万円くらいで考えたいですね。

住居

上の表では16,459円となっています。

これは、持ち家賃貸かによって大きく異なりますよね。

持ち家の場合は、毎月の家賃はいりませんが、維持費として固定資産税や、老後20~30年あれば、内部のメンテや外壁の修理庭の手入れの必要もあるでしょう。

また、持ち家でも賃貸でも火災保険料地震保険料が必要になります。

その辺りをすべて予測した費用を算出しなければいけませんね。

うめぽん
うめぽん
我が家は生涯賃貸戦略です。
今は2LDK、家賃・共益費・駐車場2台含めて68,000円です。
老後も大体これくらいの水準がいいので、住居費は70,000円を想定しています。

光熱・水道

上の表では22,693円となっています。

電気やガスはどこの業者を使っているかで料金は異なりますし、水道は市町村によって値段が大きく異なります。

うめぽん
うめぽん
我が家では、電気7,000円、ガス7,000円、水道6,000円くらいで合計2万円ですので、大体モデルと同じくらいですね。

家具・家事用品

上の表では11,991円となっています。

生活を続けていれば、家電製品を買い替えたり、カーテン、家具、寝具なども更新する必要が出てきます。

モデルの毎月1万円で年間12万円というのは、妥当な数字ではないでしょうか。

うめぽん
うめぽん
日用品(ティッシュ、台所洗剤、洗濯洗剤、ボディケア用品)もここに含めますので、我が家では1万5千円くらいを想定しています。

被服及び履物

上の表では9,999円となっています。

衣類も消耗品ですので、支出の予想をしておく必要があります。

消耗品として最低限で1ヶ月に1万円くらいは必要ということで、さらにオシャレを楽しみたい場合は、娯楽費に追加してみてください。

保険医療

上の表では14,603円となっています。

これについては、どのような病気になるかも予測できないですし、保険についてもその人によって保険料が変わってくるので、難しいところですね。

うめぽん
うめぽん
我が家は老後の医療保険生命保険についてはあまり考えていません。
資産形成が完了している想定で、保険に入る必要がないという判断です。
医療費については、これも一概に言えないのですが、二人で1ヶ月平均で1万円くらいを考えています。

交通・通信

交通・通信は上図では43,448円となっています。

交通

交通費は都心部か田舎なのかによって大きく変わりますよね。
僕の場合は、車が必要な地域なので、僕も奥さんも車を持っています。
車の維持費として、1年に一度の保険料と税金、2年に1回の車検代が必要になります。
この維持費専用に毎月20,000円を積み立てています。
ガソリン代は二人で15,000円くらいですね。

また、車が古くなって買い替える場合に備えて、別途貯金が必要になってきます。

都市部に住む場合は、電車やバスの交通費のみになりますので、交通費はもっと安く抑えられると思います。

通信

我が家は、通信費は今のところ約1万5千円です。(格安SIMなので一人5,000円×2、それと家のインターネット料金約5,000円)

ですので、我が家の場合は全部合計すると約5万円くらいです。

教育・教育娯楽・その他の消費支出

上の表では、教育1,352円、教育娯楽、29,366円、その他の消費支出63,565円となっています。

うちの場合は、これらを含めて「その他の費用・自由に使えるお金」として二人で6万円を計上しています。

各費用の合計は?

というわけで、我が家の場合は全て合計すると老後の生活費33.5万円となりました(^^)/

なお、生命保険文化センターの平成28年度「生活保障に関する調査」によると、老後の最低日常生活費は、月額平均22.0万円です。
そして、ゆとりある老後生活費は、月額平均34.9万円です。

解説に使用した統計調査のモデルの29万円よりは少し多い数字になりましたが、33.5万円というのは、一般的な数字ではないでしょうか。

老後必要なお金に対して収入はどれくらいあるのか?

このような計算をすることで、細かく老後の生活費をイメージすることができますよね。

もちろん、さらにゆとりある生活をおくるためには、これにプラスしていくらぐらい必要なのかを考えていかなければなりません。

一方で、収入はどうでしょうか。

定年を迎えた後、主な収入源となるのは公的年金ですが、いったいどれくらい支給されるのでしょうか。

平成30年度の標準的モデル世帯の年金額が厚生労働省から発表されています。

このモデル世帯では、年金支給額は一ヶ月に22万1,277円です。(老齢基礎年金+厚生年金)

この標準的モデル世帯とは?

  • 夫は平均的な年収で40年間会社に勤めて厚生年金に加入
  • 妻は全期間を専業主婦として過ごす
  • 平成30年に老齢年金を受け取る世帯

が想定されています。

このモデル世帯の年金支給額を基準に考えた場合、老後生活費29万円との差は60〜69歳で約-6万9,000円、70歳以上でも約-1万3,000円となり、少なくとも公的年金だけでは月々赤字になってしまうことがわかりますね。

ですので、現実を見ると年金だけで生活できる時代はすでに終わっており、各個人が老後に向けて何らかの準備をしていく時代になっているということです。

老後資金を準備するために、まずは貯金をしていく必要がありますが、資産運用・投資を用いることで、上手に将来の準備をしていきましょう。

老後資金のために資産運用を考えている方は、こちらの記事が参考になりますよ(^^♪

老後資金はいくら必要か!?夫婦世帯をモデルに考察してみる老後資金は夫婦2人でいくらぐらい必要? 60歳まで、もしくは65歳までに、どうやって準備したらいいのでしょうか? 老後の資金...
老後のために投資は必要か!?貯金モデルと投資モデルを比較してみた!老後2000万円問題が世間を騒がせましたね。 将来の年金は大丈夫なんだろうか?という思いが頭の片隅にあるけれど、同じ年代の周りの人...
スポンサードリンク

老後に必要なお金はいくら?内訳は?まとめ

いざという時に困らないように日頃から老後の生活をシュミレーションを行なうことが大事です。

しかし、何十年後というのは想像を超える場合もあり、身体の衰えや生活環境の変化で想像以上にお金がかかることも考えられます。

これらの時代は常に様々な金銭的なリスクが生じてきますので、いかに企業の制度や資産運用などを活用し、必要なお金を用意出来るかが、将来的に安定した生活を送る上で必要不可欠ではないでしょうか。