老後資金

老後のために投資は必要か!?貯金モデルと投資モデルを比較してみた!

老後2000万円問題が世間を騒がせましたね。

将来の年金は大丈夫なんだろうか?という思いが頭の片隅にあるけれど、同じ年代の周りの人は特に対策をしていない様子だし、自分も「まぁいいか」って思っていた。

でも、この報道が出たことによって、真剣に考える機会になった!という人は多いはず。

投資は必要?貯金だけじゃダメ?

老後資金を作るために本当に投資は必要なのか?を一度考えてみませんか?

スポンサードリンク

老後のために投資は必要か?2000万円問題とは?

まずは老後2000万円問題とは何かを簡単におさらいましましょう。

老後2000万円問題

金融庁のレポートによると

  • 夫65歳以上、妻60歳以上の年金暮らしの夫婦の場合、平均で月に約5万円不足する
  • 老後が20~30年あるとして1300万円~2000万円が不足してくる

というのが簡単な要点です。

しかし実際は、老後の資金ついて書き出すと、きりがありません。

各世帯の状況が千差万別すぎて、一概にいくら必要であるといった答えはカンタンに出せるものではないからです。

年金がもらえる額も違うし、住んでいる場所やどんな人生を送りたいかによって支出額も異なってきますからね。

うめぽん
うめぽん
なので今回は、この高齢夫婦世帯の平均的な姿で見たとき、毎月の赤字額が5万円で、5万円の不足が30年で約2000万円になるとして、話を進めていきます。

そして、老後のために投資は必要なのか?を「貯蓄モデル」と「投資モデル」に分けてみて、それぞれの特徴を見ながら考えていきたいと思います。

老後のために投資は必要か?投資せずに貯金した場合

ではまず、純粋に貯金だけで2000万円を達成し、老後を生きるシュミレーションをしてみましょう。

65歳までに貯金で2000万円を達成するためには?

65歳までに2000万円を貯金しようと思うと、毎月いくら貯金していけば達成できるのでしょうか?

65歳まであと何年あるのかによって逆算していけば、毎月の貯金額が変わってきますよね。

65歳まであと10年  16.7万の貯金(2000万円÷10年÷12ヶ月)
65歳まであと15年 11.2万の貯金(2000万円÷15年÷12ヶ月)
65歳まであと20年 8.4万の貯金(2000万円÷20年÷12ヶ月)
65歳まであと25年 6.7万の貯金(2000万円÷25年÷12ヶ月)
65歳まであと30年  5.6万の貯金(2000万円÷30年÷12ヶ月)

見てのとおり、老後への備えは早ければ早いほど月々の負担は低くなります。

これ以外にも、人によっては退職金など老後資金として補填できる収入もあると思います。

また、すでに貯金がいくらかある場合も考えられますので、表は目安として参考にしてください。

55歳で貯金ゼロの場合はけっこう大変ですが、それ以外であれば老後2000万円をゼロから貯金で達成することは十分可能なレベルだと思います。

65歳以降の生活はどうなる?

65歳までに2000万円を達成できれば、その後の老後生活はどうなるのでしょう?

毎月の不足額(年金で補えない額)が5万円ということだったので、当然ですが毎月5万円を切り崩していくかたちになります。

5万円×12ヶ月×30年=1800万円ですので、30年でほぼ貯金を食い潰すようなイメージですね。

この貯金モデルで気を付けたいのが、想定から外れた場合に変化に対応しにくいということです。

老後に30年間もの時間があれば、想定外のことは何かしら起こると思います。

貯金した額は2000万円です。これが増えることはなく、上限が決まっていますので、支出を抑えるしか方法がなくなります。

また、インフレにも対応できません。

65歳時点のお金の価値と95歳のときのお金の価値が変わっていて、100円出せば買えていたものが、100円では買えなくなっています。

例:ガリガリ君の値上げや、自動販売機のジュースの値段もひと昔前に比べて高くなっていますよね。

この「貯金モデル」は、貯金を食い潰していく度に残高が減っていくので、不安な気持ちになるときがあるかもしれません。

しかも途中で「足りないかも」となった場合でも、年を取っているので労働収入を得にくい状態になっています。

このように、貯金だけで老後資金を準備した場合、準備することは十分可能ですが、その後の長い人生の中で変化に対応しにくいといった特徴があります。

老後のために投資は必要か? 投資をした場合の老後資金シミュレーション

次は貯金ではなく、投資もやりながら2000万円を達成し、老後を生きるシュミレーションをしてみましょう。

65歳までに投資で2000万円を達成するためには?

資産形成の基本は、積立投資になります。

毎月一定の金額を積み立てて、発生した利益も再投資していきます。

65歳時点で2000万円を達成するためには、毎月いくらを積立てればよいのでしょうか。

利回りは年間1%~5%としていくつかパターンを作成しました。(1%~5%は、一般的に投資信託で達成可能な年利です。)

年間利回り1%で運用

積立期間10年 毎月の投資額15.8万円(貯金モデルでは16.7万円):積立総額1902万円
積立期間20年 毎月の投資額7.5万円(貯金モデルでは8.4万円):積立総額1807万円
積立期間30年 毎月の投資額4.7万円(貯金モデルでは5.6万円):積立総額1715万円

貯金モデルと比較すると、毎月約1万円安くて済みます。

利回り1%では、貯金とあんまり変わらないじゃんと思う方もいるかもしれませんね。

しかし、毎月1万円の差があるということは、30年で見れば1万円×12ヶ月×30年=360万円もの差があるということです。

表のとおり、期間30年では積立総額が1715万円で済んでいます。(残り300万円以上は運用利益です。)

長い期間で見ればこれほど大きな差になるということです。

年間利回り3%で運用

積立期間10年 毎月の投資額14.3万円(貯金モデルでは16.7万円):積立総額1717万円
積立期間20年 毎月の投資額6万円(貯金モデルでは8.4万円):積立総額1462万円
積立期間30年 毎月の投資額3.4万円(貯金モデルでは5.6万円):積立総額1235万円

年間利回り3%になると、毎月約2万円の差が出てきますね!

積立期間20年では、積立総額1462万円なので500万円以上安く達成できます。

積立期間30年になるともっとすごいです。

複利の効果は、期間を長くすればするほど享受することができます。

つまり、できるだけ早いうちに始めた方が有利だということですね!

利回り5%で運用

積立期間10年 毎月の投資額12.8万円(貯金モデルでは16.7万円):積立総額1545万円
積立期間20年 毎月の投資額4.8万円(貯金モデルでは8.4万円):積立総額1167万円
積立期間30年 毎月の投資額2.4万円(貯金モデルでは5.6万円):積立総額865万円

年利5%で運用できれば、貯金と比べて毎月約3万円もの差が出てきます。

30年で見れば、2000万円を達成するのに積立総額約865万円で大丈夫ということです(残り1000万円以上が運用利益)

こちらのサイトからシュミレーションできますので、条件を変えてやってみてください。

金融庁 資産運用シュミレーション

65歳以降の生活はどうなる?

うめぽん
うめぽん
老後資金2000万円を達成するためには、貯金でも十分に可能ですが、投資した方が達成するにはやや有利だということがわかりましたね。

でも、貯金で達成できそうなので、投資とか難しそうで面倒くさいし、貯金で達成できればいいや!と思うかもしれません。

しかし、貯金モデルと大きく異なるのは、2000万円を達成した65歳以降なんです。

老後に毎月5万円が不足しているということは、年間で60万円が不足しているということです。

投資をやってきた人の場合、もし2000万円が年利5%でまわっていれば、年間で100万円が生み出されることになります。

3%で回っていれば、60万円が生み出されます。

60万円が生み出されるということは、元金の2000万円は減らすことなく、毎月の不足額を補っていくことができるのです。

元金は減らさないという発想

仮に2000万円を5%で運用していくとするのであれば、年間で100万円が生み出され、老後の年間不足資金である60万円を使っても、残り40万円が浮くことになります。

可処分所得として、趣味や旅行に使ってもいいし、上乗せして運用すれば、2000万円を食い潰すどころか、毎月の5万円を補いながらも資産が増えていくことになるのです。

このように貯金を食い潰していくモデルに比べ、心の余裕が違ってきます。

「資産形成」するということは、元金を減らさないという発想が大切なんです。

老後のために投資は必要か?

ということはやはり投資をやった方がいいのでしょうか?

貯金モデルと投資モデルでさらに異なる点を挙げてみます。

必ずしも2000万円の必要はない?

貯金モデルの場合は、絶対に2000万円を貯めなくてはいけません。

一方投資モデルの場合、2000万円貯めなくても大丈夫で、1000万円が年利6%でまわっていれば大丈夫なんです。

不足額の年間60万円を生み出してさえいれば大丈夫なので、年利を高く設定して、元金を少なくするという選択肢も出てくるんですね。

もちろん年利を高く設定するということは、リスクが伴います。

  • 3000万円を2%でまわして60万円
  • 1000万円を6%でまわして60万円

どちらも同じ60万円ですが、後者の方がリスクは高くなります。

しかし、私の経験上は6%というのは、それほど大きなリスクなく実現できるリターンです。

このように元金と年利のバランスを考えながら進めていくことができるのが投資モデルの魅力の一つでもあります。

経験値の差

さらに、貯金モデルと投資モデルの異なる点を挙げるとすれば、貯金だけしてきた人が経験値ゼロなのに対して、投資してきた人は運用するスキルやお金に対する考え方を身に着けているということです。

色々と知識や考え方が身についているので、想定外の変化にも対応しやすいのです。

経験値の差、ここが最も大きな違いだと考えます。

「人生100年時代」といわれており、自分が何歳まで生きるのかもわからないこの状況で、老後資金がいくらぐらい必要になるかを考えることはなかなか難しいですよね。

だからこそ、変化に対応できるような自分になって、100年時代を楽しむのです。

そのためには、投資を経験する方が、有利に働くことが多いです。

このような時代に突入していることを認め、老後のお金について真剣に考えることを後回しにしないようにしましょう。

結論としては、貯金だけよりも投資をした方がいい。

うめぽん
うめぽん
でも最終的には人それぞれの人生なので、貯金だけも自分の求めている生活を達成できると判断するのであれば、それも間違いではありません。
ただ、トレンドは確実に「投資当たり前」方向になってくるでしょう。

「老後を迎えてからお金が足りなかった」という最悪の状況を避けるためにも、貯金でも投資でもいいので、一度老後の資金について真剣に考えるべきですね。

今回は2000万円が足りない!という想定で話を進めましたが、人によって状況は全く異なります。

3000万円足りない!と思うのであれば、3000万円÷30年=100万円です。

一年間で100万円あればいいので、1000万円なら10%でまわす。3000万円なら3~4%で達成できます。

ですので、自分が求めているライフスタイルを考えることが重要です。

老後資金を考える上で、こちらの記事も参考になりますので読んでみて、自分に必要な金額を考えましょう(^^)

老後資金はいくら必要か!?夫婦世帯をモデルに考察してみる老後資金は夫婦2人でいくらぐらい必要? 60歳まで、もしくは65歳までに、どうやって準備したらいいのでしょうか? 老後の資金...

老後資金にはどんな投資がオススメ?

老後資金を投資をしながら準備するには、さまざまな方法があります。

老後資金の準備
  • 預貯金
  • 確定拠出年金(iDeCo)
  • つみたてNISA
  • 株式投資
  • FX
  • 投資信託
うめぽん
うめぽん
これらの方法の中でも、間違いなく王道は「積立投資信託」です。

積立投資信託とは?

「投資信託」はプロに預けて運用してもらうというもの。

投資する商品や運用方法などは、プロの「ファンドマネージャー」が行ってくれますので、
資産運用の初心者でもすぐに始めやすいというのが特徴です。

また、投資信託は

  • 預貯金よりも運用利回りが良い
  • 預けているので相場に一喜一憂せずに安心して運用できる

ということが大きなメリット。

ほとんどの人がサラリーマンをしており、毎月一定の給料をもらっています。

サラリーマンで大きな資産を築いている人は少ないので、ドカンと一括投資をすることはできません。

ですが、来年クビになるかもしれないという想定は少なく、「数年はこの給料がもらえる」ということが予測できるので、計画も立てやすい。

積立投資信託であれば、「長い期間で少額のお金をコツコツと蓄えていく」ので、一括投資よりも、リスク分散することができるのが特徴です。

老後の大切な資金なので、安全に運用していきたいですからね。

毎月一定額を投資していく積立投資信託は、一括投資はできないが毎月決まった給料があるサラリーマンに向いていて、理にかなった投資方法なんです。

このように「長い期間で少額のお金を積み立てて資産運用し、老後資金を作りたい」という人には、「積立投資信託」が一番のオススメです。

WealthNaviウェルスナビ

でも、どんな商品を選べばよいかよくわからないし、誰に聞いたらいいのかもわからない。
そんな「あなた」におすすめなのが、今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNaviウェルスナビ」です。

オススメ資産運用「WealthNaviウェルスナビ」とは?

「WealthNavi」のロボアドバイザーとは、時間と手間がかかる資産運用をあなたの代わりにすべて自動で行ってくれるんです。

また、運用中の資産は自動で最適に配分・調整されるので、一度運用を開始したらあとは何もすることがありません。

大切な時間と手間をかけずに資産運用をしたい「あなた」への一番のおすすめは、ロボアドバイザーで資産運用する「WealthNavi」です(^^)/

「米国株式」投資信託

また、30年の長きに渡り、ひたすら積み立てていける投資商品は「米国株式」を対象とした投資信託です。

毎年1%ずつ人口が増加し、今後も成長が期待できるアメリカ。

株式投資というと、日本人の多くは日本株を連想しがちですが、将来の成長性を考えた時、日本株よりも米国株の方が、成長余地が大きいです。

理由はいろいろありますが、根本的なところで言うと、米国経済は日本経済に比べて社会を構成する人口の質が「若い」です。

これは人口ピラミッドを比較すれば一目瞭然です。

人口が増える国の株価は上昇するというのはセオリーです。

基軸通貨はドル、そして覇権国のアメリカ。

やはりまた、今後30年積み立てていける投資商品は「米国株式」を対象とした投資信託が有力であると考えられるのです。

楽天証券から買うことができますので、証券口座を開設してみてはいかがでしょうか。

老後のために投資は必要か?まとめ

「老後資金は2000万円が必要?」という話で危機感を持ったが、実際に定年後の必要資金はいくらなんだろう?と悩んでいたり、どうすれば良いのかわからないことがあるかもしれません。

少しずつでいいので学んでいけば、いずれできるようになります。

あなたとあなたの大切な家族の人生を幸せに導くことができるのは「あなた」しかいません。

なぜ貯金しかしていないのか?なぜ投資をしているのか?

自分が日々行っている行動、選択に対して、根拠を持てるようになることが大切です。

スポンサードリンク