関西穴場スポット

プールどこ行く?関西で子供と楽しむ外せない穴場スポットはここ!2019

2019年、今年もプールの季節がやってきました!

関西エリアの中から、子供と楽しめる穴場プールを調べてみました。

アトラクションのある大きなプールや、リーズナブルな市民プールの情報をどうぞ!

スポンサードリンク

関西プール子供と遊べる穴場スポット:大阪府のプール

ひらかたパーク プール「ザ・ブーン」

大阪府枚方市

ひらかたパーク内にある屋外プールです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ベビーマッサージ教室&資格取得lumipepe大阪堺市中区さん(@babymassage.doi0117)がシェアした投稿

うめぽん
うめぽん
4つのスライダーと4つのプールが大人気です!

オープンは7月6日!

4つのプール

浅瀬プールや水深50cmのプールもあって

小さなお子様でも安心して遊べます。

海をイメージして、奥にいくほど深くなる「なぎさプール」

全長210mの巨大流水プール「ドンブラー」

「わんぱくプール」では、小学生以下のお子様専用の遊具もあるのでオススメです。

4つのスライダー

子供は「キディースライダー」で楽しもう!

全長10m、斜面がデコボコで

体が跳ねるのが楽しいちびっこ向けのスライダーです。

浮き輪ですべる高速ウォータースライダー

「クライングチューブ」など大人も

たっぷり楽しめるスライダーがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momoko Uedaさん(@uemomo826)がシェアした投稿

施設情報

ひらかたパーク ザ・ブーン

TEL:072-844-3475

住所:大阪府枚方市枚方公園町1-1

2019営業日:7月6日~9月1日(定休日は7月10日・17日)

営業時間:10時~17時(一部16時までの日程あり)

《料金》
大人(中学生以上):2300円(入園料1400円+プール900円)
子供(2歳~小学生):1300円(入園料800円+プール500円)
※4つのスライダーのうち、別途料金が必要なスライダーあり。

アクセス:阪神高速守口線守口終点出口より20分

駐車場:1300台(1日1500円)

公式サイトはこちら
http://www.hirakatapark.co.jp/theboon/

【ひらパー】プールにテント持ち込みはできるの?あると便利な持ち物も紹介しますひらかたパークのプール「THE・BOON(ザ・ブーン)」は4つのプールと4つのスライダーが大人気! 家族連れも多くみられるひらぱー...

長居公園の市民プール

大阪府大阪市の東住吉区

長居公園内にある「長居プール」です。

こちらは市民プールで

室内プールがあります。

そして、夏の時期には屋外プールが使えようようになります。

屋外プールは2つ

44mのスライダーがある大型の変形プール

こども用の変形プールは
水鉄砲で遊べる場所や
滝が流れ落ちる場所があります。

料金は

大人400円
小人150円

激安!!

大型レジャープールが取り上げられますが、

穴場は市民プール!

最近は、市民プールでも大型レジャープール並みのスライダーがあったり

安い価格でかなり楽しめます!

施設情報

長居プール
住所:大阪市東住吉区長居公園1‐1(長居公園内)
期間:7月1日~8月31日
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:近くのコインパーキングを探す必要あり。

市民プールのメリット
  1. 大型プールに比べて人が少ない
  2. 十分楽しめる遊具がある市民プールが多い
  3. 料金が安い

関西プール子供と遊べる穴場スポット:兵庫県のプール

姫路セントラルパーク「アクエリア」

 

この投稿をInstagramで見る

 

chiさん(@k_chiari)がシェアした投稿

姫路セントラルパーク内にあるプール「姫路セントラルパーク アクエリア」

うめぽん
うめぽん
姫路セントラルパークは、

普段はサファリや遊園地・アイススケートを楽しむ場所ですが

夏季限定でオープンするプール「アクエリア」があります。

2019年は7月13日、14日、15日にプレオープン。

7月20日土曜日にオープン予定とされています。

360度、大自然に囲まれた西日本最大級のリゾートプールは、

子供はもちろんのこと大人も1日中楽しむことができます。

個性的な5種類のプール
  1. 流水プール
  2. 渚プール
  3. ロックプール
  4. パイレーツキッズ
  5. バブルプール
 ま き 
 ま き 

その中でも

「パイレーツキッズ」「バブルプール」

子供に大人気です。

パイレーツキッズ

キッズ向けのウォーターアトラクションで、

特大ジャグジーや

小さなスライダーがあったり

頭上の大きなバケツから、たまった水が豪快になだれ落ちる!

わくわく感満載のプールです♪

バブルプール

たくさんの泡を楽しめるバブルプールです。

全身泡まみれになって遊べる新感覚プールが新しく登場!

子どもはもちろん大人も楽しめます!!

5種類のプールのほか

4種類のウォータースライダーもあるので、大人も楽しめること間違いなし!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@small_island77がシェアした投稿

また、

洋食レストランがあり、水着のまま利用できますので、疲れたら休憩しながら楽しむことができます。

先着順で有料となりますが、「ファミリーデッキスペース」がありますので、くつろぎながら楽しめますよ(^^)

料金は?

料金は姫路セントラルパークの入園料金となります。
大人は3500円(サファリパークや遊園地も楽しめます。アトラクションは別途料金。)
小学生は2000円
3歳から小学生未満の幼児は1200円

料金の詳細は公式サイトからどうそ
https://www.central-park.co.jp/ticket/

三田市の市民プール「ふれあいプール」

 

この投稿をInstagramで見る

 

は、入りたい…

さんだびよりさん(@sandabiyori)がシェアした投稿 –

  • 料金を安く抑えたい!
  • 子供がまだ小さくて派手なアトラクションはまだ無理・・・

といった方はココがおすすめ!

兵庫県三田市ある交流施設「ふれあいと創造の里」

その中にある市民プールが「ふれあいプール」です。

7月15日からプール開きになります!

うめぽん
うめぽん
市民プールですが、来場者が1日1,000人を超えることもある人気のプールです

料金は大人が400円

小学生以下の小人が200円です

安いですね~!

この「ふれあいプール」は周りに大きな建物もなく

自然がいっぱい広がっていて気持ちが良いですよ

プールは2種類

メインのプールとなる「変形大プール」

噴水があって子供は喜びます。

小さな子ども用の「幼児プール」

滝のように水が流れてくるプールです。

飲食物は持参OK!!(※アルコールはNG)

テントの持ち込みもできるので、お弁当持ってみんなで自由に一日中楽しめますね。

うめぽん
うめぽん
アトラクションがありような派手なプールではありませんが、

幼児〜小学生くらいのお子さんであれば、十分に楽しめるプールですよ。

僕も毎年遊びに行ってます!

まさに穴場スポットです!!

 ま き 
 ま き 
大型レジャープールは、駐車場も広いし、
遊園地に併設されていたりするから、移動距離が長いんですよね!

下調べも結構必要だし、人も多い。
子供がいたら、たいへんな事が多いです。

こういった市民プールは、駐車場に停めたら、すぐにプールなので移動距離が少なくて済むんですよね。
子連れにはありがたいです!

なので、市民プールを利用するのもオススメですよ~

施設情報

ふれあいと創造の里「ふれあいプール」
住所:〒669-1342 兵庫県三田市四ツ辻1129-1
営業時間:10時~17時
開場期間:7月15日〜8月31日
休館日:期間中は無休
電話番号:079-568-4000

公式サイト:https://www.city.sanda.lg.jp/fureai/fureaitosouzounosato.html

スポンサードリンク

プールどこ行く?関西で子供と楽しむ外せない穴場スポットまとめ

いかがでしたでしょうか?

気合を入れて人気の大型レジャープールを楽しむのもありだし、

安い市民プールで、プチ贅沢な感じもいいですね!

家族の状況にあわせて、夏のプールを楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございまし