老後資金

老後をシュミレーション!必要な貯蓄額はいくら!?【独身編】

老後の資金が明らかに年金だけでは賄えない。。。

老後に不安を抱える人が増えています。

そして、現代では未婚率も上がっており、インターネット社会によって様々な生き方でできるようになったため、独身で人生を歩む人も少なくありません。

この記事では独身のまま老後を向かえた場合をシュミレーションして、独身で老後を豊かに生きるには何が必要なのかを考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

老後のシュミレーション:独身の生活費は?

独身で老後の生活に突入したら、果たしてどれくらいの資金が必要なのでしょうか?

現状の高齢者の独身世帯がどれくらいお金を使っているのか見てみましょう。

総務省統計局の2018年家計調査報告のうち

年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出(単身世帯)第2表

によると、単身世帯で65歳以上の場合、支出は1ヶ月平均15万2791円となっています。

以下は、その支出の内訳です。

内訳 支出額
(単身世帯 65歳以上)
食費 36,780円
住居 18,518円
光熱・水道 22,693円
家具・家事用品 4,771円
被服及び履物 3,931円
保険医療 8,465円
交通・通信 15,537円
教育 0円
教育娯楽 17,147円
その他の消費支出 34,509円
合計 152,791円

独身の場合、だいたい月に15万かかる計算ですね。

内訳の「住居」を見てみると、18,518円です。

この支出は、家賃や設備の修繕維持費なのですが、アンケート対象者の80%が持ち家のため、18,518円という少ない金額になっているのです。

ですから賃貸派の方は、ここを家賃の金額に変えて考えなければなりませんので、注意が必要です。

次に「老後何年生きるか?」を考えます。

日本人の平均寿命は、厚生労働省の発表している平成30年簡易生命表の概況によると

  • 男性が81.25歳
  • 女性は87.32歳

と過去最高を更新しています。

余裕を見て男性・女性ともに90歳まで元気に余生を過ごせたと考え、65歳から90歳までの25年分の生活費を想定してみましょう。

  • 15万円×12ヶ月×25年間=4,500万円

さらに持ち家ではない場合、65歳から90歳までの家賃も必要です。家賃5万円としても、プラス1,500万円が必要になります。

ここまでで、独身の場合に必要な老後の生活費がわかりましたね。

では、この4500万円という金額を年金でクリアできるのか見ていきたいと思います。

老後のシュミレーション:独身の年金収入は?

独身老後に必要な生活費がわかったら、次はいくら年金がもらえるのかを考えていきましょう。

では、実際に年金はいくらもらえているのでしょうか?

厚生労働省が公開している平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況という報告書が参考になります。

この報告書では、「実際に年金はいくらもらえているのか」ということが掲載されています。

「年金支給額は、国民年金が平均月額で5万5千円、厚生年金は14万7千円」という実績が公開されています。

では、国民年金厚生年金に分けて見てみましょう。

国民年金

まず国民年金から見ていきましょう。

この報告書によると、国民年金(老齢基礎年金)の平均支給額は、月額で55,615円でした。

うめぽん
うめぽん
国民年金の保険料を40年間支払った場合の支給額は約6万4000円ですが、実際には完璧に保険料を支払い続けられる人は少ないため、平均支給額は満額よりも1万円ほど少ない金額になっていることがわかりますね。

この金額を65歳から90歳までもらえるとして

  • 55,000円×12ヶ月×25年=1650万円

老後に必要な生活費は4500万円でしたから、約3000万円も足りないという話になります。

とんでもない事実ですね。

自営業の方などで国民年金しか加入していない方は、自分で老後資金の準備を早急にしなければなりません。

厚生年金

次に、厚生年金を見てみましょう。

今回の調査では、厚生年金の月額の平均支給額は147,051円でした。

しかし、厚生年金は加入期間や報酬によって、支給される金額に差がありますから、

  • 男性が166,668円
  • 女性が103,026円

となっており、男女によってもこれほどの差があります。

平均支給額の14万7千円が、65歳から90歳までの25年間もらえるとすると

  • 14万7千円×12ヶ月×25年=4,410万円

こちらはほぼ年金だけで生活費クリアできることがわかりますね。

老後の生活費が一ヶ月15万円だったので、年金収入の14万7千円でほぼ賄えるという計算になります。

うめぽん
うめぽん
でも、ここで一つ注意点があります! 

この報告書に書かれた年金の月額は、実際に支給されている金額ですが、未来に向かうほど少子高齢化の影響で、支給額が年々落ちていきます。

例えば厚生年金の場合

平成25年度 148,409円
平成26年度 147,513円
平成27年度 147,872円
平成28年度 147,927円
平成29年度 147,051円

というように、平均支給額が年々減っているのがわかりまよね。

まだ30代、40代の方は、いざ自分がもらえる65歳になったとき、支給額は必ず今より少なくなっているということを理解し、老後資金の計画を立てていきましょう。

老後に必要な貯蓄額を早めに準備しよう

これまでの内容のうち、独身で国民年金しか加入していない場合、老後資金が約3000万円不足するという結果になりました。

65歳時点で3,000万円が必要だとすると、35歳から65歳までの30年間毎月12.5万円を貯金する計算になります!

誰にでも準備できる額ではないですよね。。。

だから、資産運用がこれだけ取り上げられるようになりました。

貯金だけより、運用した方が断然有利ですので、足し算と引き算だけではなく、掛け算という方法も覚えていくことで、より将来不安が少なくなりますよ(^^)

老後資金を準備する方法は、本当にさまざまです。

老後に向けて
  1. 預貯金
  2. 投資信託
  3. 確定拠出年金(iDeCo)
  4. つみたてNISA
  5. 株式投資
  6. FX

さまざまな方法があるのですが、まず言えることは預貯金はあり得ないということ。

それと、運用するなら時間をかけて長期でコツコツ増やすということです。

投資っぽい話になると、どうしても「一発儲ける」などといったイメージも持ってしまいますよね。

しかし、老後の資金となるとそれなりの額になりますし、絶対に準備しなくてはならないものですので、宝くじ感覚でやるものではありません。

しかも、安全に運用していく必要があります。

複利運用が効果的

老後資金の準備をするには複利運用が前提となります。

長い期間をかけて、少額のお金でもいいので、コツコツと運用していきます。

「運用利回りが出る商品」に投資し、毎月少額でも資金を捻出し、長い期間運用していけば、お金が増やすことができます。

たとえば、老後の資金を貯蓄するために月々4万円のお金を捻出します。

運用利回りが5%だったとします。(手数料、税金等を考慮していません。)

複利運用をして、利益も再投資していきます。

この条件で30年間運用すると、最終的な資産は「約3,300万円」となり、

投資元本の1,440万円(4万円 × 12ヶ月 × 30年)に対し、約1,800万円の利益となります。

もし、これが運用期間15年になってしまうと、同条件で最終的な資産は「約1,070万円」、投資元本の720万円に対し、約350万円の利益となります。

資産運用を安全にやっていくためには、「運用期間を長くしてコツコツやる」ことが基本中の基本です。

おすすめの投資は?

では、具体的な運用方法を見ていきましょう。

  • 株やFXって、分析とかが大変だし、毎日チャートに張り付いているイメージがある。
  • 不動産投資に興味はあるが、資金力がある人しかできないので自分には無理。
  • 投資信託って本当に増えるの?
  • 仕事が忙しいし、日々のタスクをこなすのがやっとで資産運用の勉強をする時間がない。

将来のお金を準備したいけど、こういった悩みを持っている方が多いです。

しかし、最近は様々な種類の投資があり、これらの悩みを解消して運用できる商品もたくさんあります!

うめぽん
うめぽん
僕の家は子供が2人いて夫婦共働き。
なので、「チャートに張り付かなくていい」「めちゃくちゃ勉強しなくてもいい」という方法で運用しています。
子供や奥さんとの時間も取れるので、ありがたいですね。

では、僕も実践している運用方法をご紹介。

独身の方であれば、なおさら活用できますよ(^^)/

老後資金の準備におすすめの運用方法8選

  1. ロボアドバイザーウェルスナビ
  2. ロボアドバイザーTHEO(テオ)
  3. つみたてNISA
  4. iDeCo(イデコ)
  5. FX自動売買ループイフダン
  6. Tポイントで株式投資SBIネオモバイル証券
  7. 不動産投資クラウドファンディングCREAL(クリアル)
  8. 1円から始める資産運用Funds(ファンズ)

ターゲットリターンが年間利回り3~5%のものから、年間利回り10%を超える可能性の投資もあります。

初心者の方は、まずはロボアドバイザーのウェルスナビがオススメではないでしょうか(^^)

自分に合わせた投資を選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

老後をシュミレーション!必要な貯蓄額はいくら!?【独身編】まとめ

  • 独身の老後の消費支出は1ヶ月で約15万円。
  • 厚生年金の平均受給月額は約14.7万円、国民年金は約5万円です。

人生100年時代、教育・就職・老後という3大ステージの人生モデルは終わり、様々な年齢で様々なことを経験していくモデルに変わっていきます。

ですので、身軽で動きやすい「独身」というライフスタイルは増えていくかもしれませんね。

将来、お金で心配事をつくらないためにも、積極的に資産運用を活用して老後に備えておくことが大切です。

もう国に頼る時代ではないのですから。