日本沈没

日本沈没2021ー希望のひとー第1話のあらすじと感想まとめ

2021年の秋ドラマで「日本沈没ー希望のひとー」がドラマ化されると注目されていますね。

「日本沈没」は、1973年に刊行された小松左京さんのSF小説です。

今回のドラマだけではなく、これまで映画やアニメ、漫画などにもなっている有名小説です。

今回のドラマ、「日本沈没ー希望のひとー」は原作とは異なる時代設定や登場人物がアレンジされているのでオリジナルストーリーです。

過去に発表された「日本沈没」とはまた異なった展開になりそうです。

今回は「日本沈没ー希望のひと」の第1話のあらすじやネタバレをまとめていきます。

日本沈没2021ー希望のひとー第1話のあらすじ

「日本沈没ー希望のひとー」は、2023年の東京が舞台です。

原作とは異なるアレンジが加わっているとのことですが、どのような内容なのか気になりますよね。

「日本沈没ー希望のひとー」の公式サイトなどから第1話のあらすじを考察していきます!

第1話のあらすじをネタバレ

国民の高い支持率を誇る総理大臣・東山栄一は、日本を環境先進国にしたいという思いがありました。

そのために、「日本未来推進会議」を発足させます。

第1話では、日本を環境先進国にしたいと目指す総理大臣である東山の考え方や政治の進め方に注目です!

その理由は、日本地球物理学者会の異端児と呼ばれている田所雄介が「日本が沈没の危機にある」と訴えたことで総理大臣・東山の考えとは異なる方向性に世の中が進んでしまうからです。

日本国や国民はどうするのか?というのが第1話のみどころです

想像もしていなかった2023年に日本の未来。

田所雄介の訴えは、当初は「インチキ学者のたわごと」と評価されていましたが、田所雄介の予測通りに世の中が変化していくことで注目されはじめます。

「日本未来推進会議」には、「日本沈没ー希望のひとー」の主人公である天海啓示が環境省の代表として参加します。

天海啓示は、野心家の官僚でもあり時には強引に政策を進めてしまうこともあります。

そして、「日本未来推進会議」の議長は、経産省代表の若手官僚である常盤紘一です。

常盤紘一は、天海啓示と大学時代の友人でもあります。

天海啓示と常盤紘一は、お互いを理解し合い、認め合っているよき理解者です。

日本沈没2021ー希望のひとー第1話の感想

「日本沈没ー希望のひとー」についてネットでの反応はどうでしょうか?

ネットでの反応を調べてみました。

「日本沈没ー希望のひとー」には楽しみという期待の声が多く見られました。

まずキャストが演技派揃いで主役級の俳優陣が多く出演されるのも期待の声として多く見られました。

そして、今回の「日本沈没ー希望のひとー」は原作とは異なるアレンジが大胆にされているオリジナルストーリーなので以前に映画や原作の日本沈没をご存じの方でも別のお話として楽しめそうと期待の声がありました。

「日本沈没」がドラマ化するにあたって期待の声が多くなる中で、反対の声も見受けられました。

「日本沈没」ドラマ化について反対の主な理由は、今のご時世に暗い話はどうなのか?、日曜の夜に暗い話のドラマは観たくないといった声が多く見受けられました。

また、Netflexのオリジナルアニメで「日本沈没」がヒットしたのでそれでドラマ化?という声もありました。

「日本沈没ー希望のひとー」の公式ホームページでは、「今の時代だからこそ、
諦めずに未来を信じ続けた者たちの究極の人間ドラマにご期待ください。」とありました。

公式ホームページでは、暗いテーマだけどその中でも希望を見出していく人間ドラマだと主張しています。

日本の未来を救うために奮闘する人間たちの人間ドラマとはいえ、極限状態の中の人間ドラマを描いていくので決してポジティブな話だけではないと思います。

なので「日本沈没ー希望のひとー」のドラマ化を楽しみにしている方が多くいる一方で、どうしても重い話は観たくないと思う方もいらっしゃるようですね。

第1話が放送されたらまたどのようにネットでの声が変化するのか楽しみですね。

日本沈没2021ー希望のひとー第1話のあらすじ感想まとめ

2021年10月からスタートするTBS日曜劇場「日本沈没ー希望のひとー」の第1話のネタバレ、あらすじ、ネットでの反響をまとめました。

「日本沈没ー希望のひとー」第1話まとめ
  • 第1話は、総理大臣・東山の考え方、政治の進め方に注目。
  • 田所雄介の「日本沈没説」に日本国民はどう反応するのか?
  • 演技派揃いのキャスト達なので観るのが楽しみという声が多くある。
  • 今のご時世で暗い話のドラマは観たくないという声もある。
  • 公式ホームページでは希望を見出す人間ドラマと主張。

「日本沈没」ドラマ化にあたって、楽しみとう声も多くある中、今のご時世に重い話のドラマは観たくないという声も見受けられました。

公式ホームページでは「希望を見出す人間ドラマ」を主張しているので第1話が放送されたらネットでの反響もまた変わりそうですね。

人は窮地に侵されたらどのように行動するのか、どのような心情になるのかの人間模様も見どころです。

「日本沈没ー希望のひとー」では、日本が沈没の危機に晒されている中で日本沈没を回避しようとする人々の奔走やそれに絡む人間関係、登場人物個々の感情が細かく描かれています。

今後、登場人物たちの心情の変化などがどのようになっていくのか楽しみですね。