日本沈没

日本沈没2021原作ネタバレ!名作小説のあらすじを紹介

2021年のTBSの秋ドラマ、日曜劇場「日本沈没ー希望のひとー」が放送されますね。

「日本沈没ー希望のひとー」は、有名SF小説「日本沈没」が原作です。

「日本沈没」は、1973年に小松左京さんの作品です。

「日本沈没ー希望のひとー」の原作となっている小説の「日本沈没」のあらすじを紹介していきます!

日本沈没2021原作ネタバレあらすじ【第一部】

小説「日本沈没」は、第一部、第二部にわたる小説です。

まずは、第一部のストーリーをネタバレします。

D計画発足

1970年代のある夏、小笠原諸島の北に位置する小さな島がたった一夜にして沈没しました。

物理学者の田所雄介は、深海調査艇「わだつみ号」の操艇者である小野寺俊夫と海洋地質学者の幸長助教授を共に海底調査のために日本海溝に潜ります。

そこで3人は海底に走る奇妙な亀裂と乱泥流を発見します。

それを見た3人は驚愕するのでした。

そして同じ頃に伊豆半島付近で地震が発生します。

その地震に誘発され、天城山が噴火します。

伊豆半島の地震を機に内閣政府は地震学者を招いて懇親会の場を設け、意見を学者たちから聞きます。

その懇親会の席に招かれていた田所雄介は、「日本がなくなってしまう可能性がある」と意見しますが、他の学者仲間からは大袈裟だと失笑され、田所雄介の意見に耳を傾けてはくれません。

しかし、その話を聞いていた政界の黒幕と言われている渡老人は、以前からツバメが自宅に巣を作らなかったことに違和感を感じていて、田所雄介の「日本がなくなってしまう可能性がある」という話に興味を持ちます。

そして、田所雄介が言った「日本がなくなってしまう可能性がある」という仮説を検証するために渡老人は、総理を呼びつけて極秘計画を立ち上げさせます。

その極秘計画は「D計画」と名付けられました。

その「D計画」のためのメンバーとして田所雄介、小野寺俊夫、幸長、情報科学者の田中一成が集められました。

渡老人の資金援助のもと、「D計画」は発足されました。

D計画始動

D計画は始動開始し、調査を進めていくうちにある一つの結論が出ます。

それは、太平洋の日本列島近くにあるマントル流に急速な異変が生じているということです。

太平洋の日本列島近くにあるマントル流に急速な異変が生じているということは、「最悪の場合、日本列島は2年以内に地殻変動で縮むか割れるかで陸地の大部分が海に沈んでしまう」という結論です。

調査を進めている間にも。京都と東京が相次いで巨大地震に見舞われ、富士火山帯の山は次々に噴火しています。

各地では河川の決壊や津波に襲われる異常事態に陥っていました。

日本政府は、非常災害対策本部を立ち上げて救助活動を行います。

ですが、甚大な被災の規模に救助活動が追いつくことができず、360万人の犠牲者が出てしまします。

そしてその犠牲者の中には、総理大臣の奥さんも含まれていました。

10か月以内に日本は沈没!?

それから3か月の月日が過ぎ、日本は少しずつ落ち着きを取り戻していきます。

しかし、田所雄介は予断を許してはいませんでした。

田所雄介は、「この先さらに東京地震の何千倍もの異変が起こる」と予測します。

そしてパソコンを使ってシュミレーションしてみると、「10か月以内に日本が沈没する」ということが分かりました。

それを聞いた渡老人は、比較文明史学者の福原教授らに協力を依頼します。

そして、日本人の国外脱出とその後の移住計画を立てさせました。

田所雄介は総理大臣に、「日本人国外脱出計画」を提案しに行きます。

政府は、「日本人国外脱出計画」を「D2計画」と名付け、各国に協力を求めます。

しかし、数百万人の日本人を受け入れてくれる国はそう簡単に見つかりません。

「D2計画」は難航していきます。

日本列島がついに沈没!?

「D2計画」が難航している状況の中、田所雄介は日本沈没の危機が迫っていることをテレビや週刊誌にリークして日本国民に伝えます。

それは、不確実な情報が先行して日本国民がパニックに陥るのを防ぐためでした。

続いて、総理大臣も国会演説で日本沈没の危機が迫っている事実を公表します。

そしてついに「緊急事態宣言」が発令されます。

「緊急事態宣言」が発令された間にも、富士山は噴火し、避難しようとする国民を妨げます。

政府とD計画のメンバーである田所雄介らは、全身全霊を捧げて各国に援助を求め、「D2計画」を遂行していきます。

そして、ついに四国と紀伊半島が分裂してしまいます。

それを皮切りに次々と日本列島は沈没していきます。

総理大臣は、「D計画」の中止と自衛隊の救助活動の終了を宣言しました。

「一緒に逃げよう」と総理大臣から声をかけられた田所雄介は、「自分は日本と心中する」と国外へ避難することを拒否しました。

そして田所雄介は、日本へ残る選択をします。

田所雄介を残し、総理大臣たちがヘリで日本から脱出した後、最後に残った北関東が大爆発を起こして日本列島は完全に沈没してしまいました。

日本沈没2021原作ネタバレあらすじ【第二部】

小説「日本沈没」は、第一部、第二部にわたる小説です。

「日本沈没」第二部では、日本列島の大半が沈没してからのその後のストーリーです。

日本沈没から25年が経過

日本列島の大半が海底に沈んだ「異変」から25年が過ぎました。

国土を失った日本人たちは、世界各地へと散らばっていまいた。

そんな状況でも日本という国の体制は維持されている状態でした。

オーストラリアの入植地に首相を始めとした行政組織を置き、他の国々の入植地にも各省庁が分散して置かれる形を取っていまいた。

かつて日本列島があった海域は、領有権の主張はおろか、学術的な調査すらも凍結された状態で残されていました。

そして日本が沈没してから25年目のこの日、世界中の日本人がそれぞれの国(入植地)ごとに集まり、「慰霊祭」を開催することとなった。

「慰霊祭」では首相が衛星中継で“国民”に向けてメッセージを送ることとなっている。

パプアニューギニアでも慰霊祭に参加すべく、各地から人々が集まっていた。パプアニューギニアでは入植当時、インフラもままならない状態でした。

日本人はみな、着の身着のまま避難したため、産業機械そのものはもちろん、それらを造る技術もほとんどを失っていました。

そんな中、苦労しながらもなんとか今の状態に立て直してこれたのは、日本人の勤勉さ、組織立った仕事の仕方という言わば国民性・民族性のおかげだったとも言えます。

ですが、全ての地域でうまくいっていたわけではありません。

場所によっては強制収容所に近い施設に詰め込まれたり、その国の政情不安に巻き込まれてその地でも難民となって彷徨うことになってしまった集団もありました。

また、二世世代ではだんだんと日本人という帰属意識が薄れていき、現地への同化が進んでいる集団もありました。
悲喜こもごもの日本人たち。

そんな彼らが25年目の「慰霊祭」を迎えようとしていました。

残された日本列島は?

かつて日本列島があった場所は、今は海が一面に広がっていました。

日本国は依然として存在していて、この地域は海底資源も多く眠ると言われ、漁場としてもまだまだ魅力的な場所でした。

そんな状況なので、各国が虎視眈々と狙っています。

そんな争いを避けるため、現在は「制限海域」に指定され、勝手に近づくことさえ禁止されていました。

ですが、日本の自衛隊の船舶が今、この海域を航行し、そしてヘリコプターを飛ばして探索をし始めていました。

実は、かつて白山が存在した辺りで隆起が起きたのか、岩が海面から顔を出していたのです。

ほんの小さな岩場でしたが、日本人を改めて結びつける象徴としての意味はとても大きかったのです。

首相は、慰霊祭を機に、各地に散らばっていた日本人を再度、集結させたいと思っていました。

悲劇は始まり?

悲劇は終わっていませんでした。

日本列島を海に沈めてしまった天変地異は、実は始まりでしかなかったのです。

日本列島がなくなったことで海流の流れは変わりました。

また、富士山を始めとして多くの火山が有史以来最大の噴煙を大気に巻き上げていました。

そのことにより、「異常気象」が世界各地で頻発していたのです。

日本沈没の悲劇は、国土を失った日本人たちだけではなく、世界中の人々を巻き込もうとしていました。

日本沈没2021原作ネタバレ!あらすじ紹介まとめ

「日本沈没」の小説のあらすじをまとめました。

小説「日本沈没」あらすじまとめ
  • 小説の「日本沈没」の主人公は田所雄介。
  • 日本国民は国外へ避難する。
  • 田所雄介は避難せずそのまま日本に残った。
  • 日本列島は最後に残った北関東の爆発を最後に沈没する。
  • 日本沈没から25年。日本人たちは各国に散らばり移住する。
  • 日本沈没は日本だけではなく世界中に巻き起こる悲劇。

いかがでしたか?

タイトル通り、日本は沈没してしまうなんて怖い話ですよね。

最近、少し大きな地震があったのでまさにタイムリーでリアリティのある話ですよね。

「日本沈没」の小説では、田所雄介が主人公ですがドラマでの「日本沈没ー希望のひとー」はまた違う主人公なので楽しめそうです。

ドラマでの「日本沈没」はどのような結末になるのか今から楽しみです。