老後資金

老後破綻、下流老人の原因は何!?実例を踏まえて対策を考える!

「老後破綻」「下流老人」これはひと昔前にはなかった言葉です。

「60歳もしくは65歳になったら、仕事はやめて悠々自適に暮らす」という考えの人は多いと思いますが、年金が足りない今の時代、実際にそんなことが可能なのでしょうか?

下流老人にならないため、老後破産しないための対策について考えてみました。

スポンサードリンク

老後破綻、下流老人になる原因は?

老後破綻の原因としては、収入よりも支出が上回っている状況のため、切り崩していた貯金が底を付くというものです。

では、老後にかかる大きな出費としてどのような出費があるのでしょうか?

生活費

一番わかりやすいのが、年金だけで生活費がまかなえず貯金が底を付くという状況です。

毎月の「生活費」を年金だけで賄うことができず、貯金を切り崩していかなければならない状況は、今後全員に共通することです。

60歳以上の夫婦2人の生活費は、最低限必要な生活をしたとしても、1ヵ月あたり20万円前後となっています。

老後は時間があるため、旅行や趣味などで追加の出費が加わることもあり、実際には25万円、30万円を超えることも珍しくありません。

一方で老後の年金収入はどれくらいあるのでしょうか?

  • 自営業をしていた方であれば、月々5万円~10万円
  • サラリーマンで長年厚生年金に加入していた方でも、月々15万円~20万円程度が平均です。

ゆとりある生活費を30万円、年金収入を20万円とした場合、毎月10万円の赤字です。

年間で120万円の赤字。30年だと120×30で3,600万円が足りないということになり、これ以上の金額を準備しておかなければならないのです。

老後の生活費について、さらに詳しい解説はこちらからどうぞ。

老後資金はいくら必要か!?夫婦世帯をモデルに考察してみる老後資金は夫婦2人でいくらぐらい必要? 60歳まで、もしくは65歳までに、どうやって準備したらいいのでしょうか? 老後の資金...

住宅ローン

住宅ローンでは当初のシミュレーション通り返済が行えない場合もあり、60歳以降になっても返済が残っており、そのことが原因で、老後の生活が苦しくなるケースは意外に多いもの。

また、教育ローンや高級車のローンなどでも同様に、老後に影響する事態が発生することがあります。

自分が引退しようと思っている年齢(60歳、65歳、70歳)までは労働収入がありますので、少しずつでも繰り上げ返済などを活用し、完済してしまうようにしましょう。

医療費

「医療費」で老後破綻してしまうケースもしばしば見られます。

老後になるとやはり病気や怪我をすることが増え、医療費の出費も増えます。

  • 通院回数が多い場合は、医療費だけで月々数万円の出費。
  • クルマの運転ができなくなった場合は交通機関の運賃が上乗せ。
  • また、介護が必要なった場合の介護費用も考えておかなければなりません。

介護サービスは介護保険により自己負担額は1割~2割となります。

それでも、例えばショートステイ(短期入所生活介護)を1日利用した場合、数千円の出費となります。

これが重なってくると、老後の家計を圧迫する原因となってしまいます。

老後破綻、下流老人の実例

では、実際に起こっている老後破綻の実例を見てみましょう。

概ね、以下の項目に当てはまる方が老後破綻、下流老人になってしまう可能性が高いです。

  1. 貯蓄がない。
  2. 頼る人がいない。
  3. 自営業などで、厚生年金の支給がなく、国民年金のみの支給である。
  4. 自分やパートナーの予期せぬ病気やケガで、想定していないほどの医療費を支払うこととなった。

老後破綻、下流老人:実例1

2014年にNHKで放送された老後破産の特集より。

都内に住む一人暮らしの83歳男性、年金は月に10万円しかなく、家賃が6万円のため、残り4万円でギリギリの生活をしている。

食費は一日500円以下の切り詰めた生活。電気代が払えなくなり、電気は止まっている。

昼間はエアコンの効いた市民公共スペースで涼み、夜は家に帰ってご飯を食べるが、電気が止まっているため真っ暗の中ひとりでご飯を食べる。

10万円の内訳は国民年金と厚生年金だ。

昔はビール工場に正社員として23年間勤務、その後40代なかばで独立し飲食店を経営したが赤字が続き倒産、貯金はほぼなくなった。

仕事一筋で結婚しなかったため、家族なし。若いときに老後のことなんて考えたことがなかったという。

老後破綻、下流老人:実例2

こちらも2014年にNHKで放送された老後破産の特集より。

地方に住む一人暮らしの84歳女性、年金は月に2万5,000円。光熱費を支払った後に残る約1万円で毎月生活をしている。

食費に当てるお金がない。

だから昼間は山に出掛けて食材を探したり、川で魚を取ったりする毎日。

昔は米農家をしていた。旦那さんは15年前に亡くなった。心筋梗塞で入退院を繰り返したため、医療費がかさみ家計は赤字に。。。

年金の保険料を払っている余裕すらなかったため、現在の支給額が極端に低いのである。

どちらのケースも、まず年金の支給が足りていません。原因は、自営業であったため、国民年金の支給がメインで、厚生年金がほぼないということですね。

また、医療費などの出費で貯金が全くないことも下流老人から抜け出せない大きな要因です。

老後破綻、下流老人を防ぐ対策を紹介

このような話を聞きたり、「老後破綻」という言葉を聞くと、誰でも少しは「自分もそうなるのではないか」と不安を感じて恐ろしくなってしまいますよね。

なので、老後破産しないためにはどうしたらいいかを考えて、「理解をする」ことで不安を解消していきましょう。

お金について学ぶ

住宅ローンを引退までに返済することや、医療費を準備しておくこともはもちろん必要なことです。

しかし、まずは基本中の基本、お金を学ぶことが最優先だと考えます。

日本人はお金の教育を受けて育っていませんから、金融リテラシーが低いのが一般的です。

  • 年金の仕組みは?
  • なぜ資産運用しなければいけないのか?

このほかにも、金利とは?株とは?債券とは?複利とは?

こういったことを勉強し、マインドセットしなければ、いくら意気込んで貯蓄を始めたとしても、貯金を続ける理由が自分の中で腹落ちしていないため、長く続かなかったりします。

ですので、まずはお金を学んで、人生全体としてプランを立てる必要があるのです。

貯蓄をする

ゆとりある老後の生活費を30万円、年金収入を20万円とした場合、毎月10万円の赤字ですよね。

年間で120万円も不足することになります。

これが30年だと120万円×30年で3,600万円が足りないということになり、これ以上の金額を貯金していかなければなりません。

65歳時点で3600万円を貯めるためには?

逆算すればカンタンです。

例えば、35歳からであれば3600万円÷30年÷12ヶ月=10万円となり、毎月10万円の貯金をしていかなければ到達できません。

毎月10万円というのは、誰にでもできる金額ではありませんね。

しかし、これが現実なんです。

  • 自分の描く老後には生活費がいくら必要なのか?
  • 年金はどれくらいもらえる想定なのか?

を考えて、自分なりに必要な貯蓄額を導き出してくださいね。

資産運用する

次は、資産運用するという方法です。

上記のように毎月10万円の貯金をしなければならない場合、誰にでもできる金額
ではありません。

だからこそ、資産運用の力を借りるのです。

65歳時点で3600万円を貯めるため、35歳から資産運用をスタートしたとします。

仮にその運用が年率3%でまわるのであれば、毎月6万1000円程度の金額で済みます。

また、年率5%であれば、毎月4万3000円程度を積み立てれば大丈夫です。

ただの貯金であれば10万円が必要なところ、資産運用をすることで大きく異なってきます。

これは、複利のパワーを使っているから起こることなんですね。

こちらのサイトからシュミレーションできますので、条件を変えてやってみてください。
金融庁 資産運用シュミレーション

65歳になった時点で、3600万円を達成し、そこからも年率3%で運用すれば、3600×0.03=108万円が年間で生み出されます。

そうすると、毎月不足する10万円をほぼほぼ補ってくれていますね。

この

すでに日本は、国民全員が資産運用しなければいけない時代に入っています。

資産運用で賢く老後資金を準備しましょう。

老後のために投資は必要か!?貯金モデルと投資モデルを比較してみた!老後2000万円問題が世間を騒がせましたね。 将来の年金は大丈夫なんだろうか?という思いが頭の片隅にあるけれど、同じ年代の周りの人...

医療費の増加を防ぐ健康づくり

40代のころの医療費に比べると、70代では約3倍の医療費が必要になると言われています。

病気がちだと、費用がかかるし、せっかくの老後生活を元気に活動できなくなってしまいます。

引退までの健康づくりも、資産運用と同様に老後破綻を防ぐための対策です。

60歳以上も働ける体力があることで、お金が足りないと思ったときに働けますからね。

早いうちから健康管理や体力づくりに気を配り、不摂生のツケが定年後に回ってこないように注意しておきましょう。

自営業の方は積立制度を活用

老後の年金収入は、

  • サラリーマンで長年厚生年金に加入していた方が月々15万円~20万円程度が平均です。
  • 自営業をしていた方であれば月々5万円~10万円。

サラリーマンと自営業では、年金の額が大きく変わってきます。

さらに、サラリーマンの方は退職金制度や確定拠出年金がありますが、自営業の方の場合は、当然ながら退職金がありません。

退職金の代わりに

そこで、自営業者の方は退職金の代わりとして、自分で老後の生活資金を積み立てておける制度を活用するのも戦略の一つです。

その代表的なものとして、中小企業の役員や個人事業主が加入できる積立制度「小規模企業共済」があります。

年金支給額を補う

また、年金支給額の不足を補うためには、国民年金に上乗せして積み立てをおこなうことができる「国民年金基金」が良く知られています。

上乗せして支払うことで、老後に受給する国民年金の支給額を増やせるというものです。

この掛け金は全額が課税所得控除の対象となるため、節税対策になることもメリットです。

ほかにも、民間の保険会社が販売している個人年金保険に加入しておくという方法など、様々な方法がありますので、自分に合った方法を検討していきましょう。

スポンサードリンク

老後破綻、下流老人の原因と対策:まとめ

ひと昔前は55歳で定年退職し、海外旅行に行くという「フルムーン」という言葉がありましたが、今はもう死語になっています。

その代わりに「老後破綻」「下流老人」という言葉が登場するようになりました。

時代の変化に気付き、その時代に合った行動を取らなければ、老後の安泰は難しいでしょう。

しっかりと対策さえ取っておけば、老後破産を極度に心配することはありませんし、老後資金づくりのために今の生活を犠牲にすることもありません。

ですが事実として、「老後は公的年金だけでは暮らしていけない」ということ、そして老後資金を準備するためにはそれなりの時間が必要、つまり早い時期からスタートすることが大切、ということは間違いありません。

家計を整理してムダをなくせば、今の生活を楽しみながら、リタイアまでの時間を活用して、老後資金を準備することができますので、一度きりの人生「老後破綻」や「下流老人」を回避できるよう動いてみましょう。